オーダースーツの購入は、仕事の内容や年収に応じて選択する

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの購入は、仕事の内容や年収に応じて選択

年収のいくらぐらいをオーダースーツ購入に充てればいいのでしょうか?

スーツは着るもの、という一方、装うものでもあります。なりたい姿になるための服がスーツという形になっています。
そのために、普段仕事着としてきているスーツとプレゼンなどの勝負をするためのスーツという選択肢が考えられます。
年収によっても変わりますので、それぞれのスーツの選び方や買い方について見ていきます。

年収別のオーダースーツの購入金額について

年収別スーツの金額

年収300万円では、就職して間もない若い人向けのツープライススーツが2~3万円程度の仕事着としての既製服スーツでの購入が多くあります。年収350~600万円は、サラリーマンでは役職のない社員レベルとなり、ツープライススーツでも3~5万円台の中級程度の仕事着としての既製服スーツの購入者が多くなります。
年収650~800万円程度になると、役職についてくる人は、仕事着としての場合、勝負服としての場合、と幅が広がってきますので、3~7万円程度の既製服スーツに加え、オーダースーツが選択肢の範囲に入ってきます。年収800~1200万円のレベルになると、会社での地位も上の方になるので、5~25万円程度と任される仕事の内容により、勝負服レベルへ偏ってくるので、既製服よりは、セミオーダークラスのオーダースーツへの選択が多くなってきます。
中小企業の社長クラスになると、年収は1000万円を超えてくることが多く、会社の顔として必要性から、7~30万円のオーダースーツの選択となり、こだわりのある人は、フルオーダースーツを選ぶ人もあります。
一般的には、仕事着としてのスーツの年収に対する割合は、約1.2%程度で、勝負服のオーダースーツになると、年収の3~4%程度となります。

年収別おすすめのオーダースーツについて

スーツの種類としては、工場生産の既製服スーツ、体形に合わせて作るオーダースーツ(パターンオーダー、セミオーダー、フルオーダー)があります。年収が低く、仕事着としての用途が多い場合には、既製服スーツを選択する方が合理的です。
一方、仕事着以外に勝負服としての役割を与えられるスーツは、着る人の体形や相手に好印象を与えるシルエットを考慮すると、オーダースーツを選択することになります。