スーツの選び方で重要なのは「サイズ感」「色柄」「素材」です

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツ選びに迷う初心者へ押さえておくべきポイントをご紹介

ビジネスマンにとって大切な身だしなみ

ビジネスマンなら、自分に似合う背広をピシッと格好良く着こなしたいものです。
]しかし社会人に成り立ての方やこれまで背広とは無縁だった方は、何を基準にして選べば良いのか分からないかも知れません。
身だしなみは、ビジネスマンにとって大変重要です。
スーツ選びのポイントを3点に絞って、ご紹介いたします。

スーツ選びのポイント

ポイント①サイズ感

ビジネスマンの外見を大きく変えるのが、スーツのサイズ感です。
サイズが大きすぎるとダボッとした印象になりますし、小さすぎるとキツキツの印象になります。どちらも、見た目があまり良くありません。格好良い着こなしでは、ラインを綺麗に見せることが肝心です。
後ろ襟ではシャツが1.0~2.0㎝見える程度、袖丈はシャツが1.0~1.5㎝出ている程度、着丈はヒップが隠れるか隠れないか程度のサイズを選びましょう。
スラックスの裾丈は、靴を履いた際にヒールの上から3.0~4.0㎝離れるくらいがお勧めです。
いずれも数㎝の工夫ですが、この僅かな差が見栄えを左右します。またシワに関しては、ジャケットの後ろ首から背中に掛けてとスラックスのお尻部分に注意してください。

ポイント②柄とカラー

背広の柄における定番は「無地」と「ストライプ」です。ストライプのラインの間隔は狭いほど繊細で落ち着いた感じになり、広いほど力強く華やかな印象になります。
色についてはネイビーやグレーなら外れが無く、安心です。シーズンによっては、温かみのあるブラウン系統を考慮してみても良いでしょう。

ポイント③素材

素材で大切なのは、生地の種類です。
スーツの生地には主にイタリア産・イギリス産があり、イタリア産は艶と肌触りに、イギリス産は耐久性に優れています。
また近年では、良品質な国産も増えています。

「自分を知ること」の重要性

スーツ選びの大前提は「自分を知ること」です。
ご自身の体格、好み、背広を纏うシチュエーションについて、事前に把握しておきましょう。
どんなに高級で格好良い背広であっても、体格に合っていなかったり、TPOと不調和だったりしたら、全てが台無しになってしまいます。
ちなみに背広のサイズ選択の基準は「身長」と「ウエスト」です。
また長時間着続ける背広は、着心地が大切です。
着ていて疲れない品を選びましょう。