秋冬スーツは定番アイテムを組み合わせ、統一感を持たせることでセンスが良くなる

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 秋冬スーツは定番アイテムの組み合わせが最大のポイント

秋冬スーツを上手に着こなす

暑い季節も終わり、涼しくなってくる秋や冬。冬物は着るものが沢山あるため、春夏よりもコーディネートはしやすくなります。また、秋と冬によっても着こなし方は変わってきますので、秋冬スーツを上手に着こなすためのポイントを説明していきましょう。

秋と冬の定番アイテムを知っておこう

秋冬スーツの特徴は?

秋冬スーツは背中に裏地がある総裏タイプが一般的です。裏地があるため、保温性に優れ、寒い季節でも暖かく過ごせるスーツです。生地は厚く、重ための記事を使用しており、ウールやカシミア素材のものが一般的に多く使用されております。

秋のスーツの着こなし方

秋は気温も下がり、朝夜は冷え込むので、体調も崩しやすい季節ですね。秋のスーツの着こなし方は、秋冬スーツに、セーターを組み合わせると、自然な着こなしを演出でき、さらに気温管理がしやすくなります。さらにセーターを着ることによってスーツの首回りがスリムに見えるので、小顔効果も期待できます。
ただし、セーターは大きすぎても小さすぎてもダサく見えてしまうため、ジャストサイズのセーターを合わせましょう。また、くれぐれも柄セーターだけは合わせないでくださいね。

冬のスーツの着こなし方

冬は一段と冷え込み、少しでも暖かいスーツの着こなしをしたいと思う方が多いでしょう。しかし、冬のスーツの着こなしは、他の季節と比べると簡単で、一般的なスタイルはスリーピーススタイルのスーツを着る。というのが定番になっています。スリーピースとは、ジャケット、パンツ、ベストが同じ記事で出来ているスーツで、統一感があり、知的に見えるので、かなりオシャレな着こなしができます。また、スリーピーススタイルはマフラーやコートとも相性がよく、「できる男」という印象を簡単に演出できるので、おすすめです。

スーツが一番かっこよく見える季節だからこそ

秋冬スーツは定番アイテムをうまく取り入れることが重要なポイントとなります。秋は無地のセーターで保温性とオシャレ感を演出し、冬はスリーピーススタイルで統一感を持たせ、マフラーやコートとうまく合わせてみましょう。特に秋冬は、スーツが一番かっこよく見える季節でもありますから、ポイントを押さえた着こなしでビシッとかっこよく決めてみてはいかがでしょうか?