オーダースーツの秋冬物は寒い冬に対応可能な生地選択がポイントです

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの秋冬物は寒い冬に対応可能な生地選択がポイント

秋冬物のオーダースーツは季節感がポイントです

スーツは、季節によって分類されていて、秋冬用、春夏用、オールシーズン用に分けられます。
オーダースーツは、オールシーズン用で良いと考えられがちですが、真冬に着ると寒く感じ、また、真夏では暑く感じて着ていられないとなってしまいます。
夏はクールビズで脱スーツが定着してきていますが、冬は特に寒い日が多くなっているので季節に合わせたスーツを作ることが必要です。

秋冬物のオーダースーツは生地の素材と柄で選ぼう

秋冬物のスーツの選び方

寒い冬対策としての防寒の役目も多いことから、肌寒い日にも対応できるように、保温性のある、また、厚みのある生地を選ぶことが大切です。

秋冬物のオーダースーツにおすすめの生地

フランネル・サキソニー・ツイード・ホームスパンなどがあります。
フランネルはウールの生地を縮絨した後起毛加工しており、やわらかい肌触りが特徴となっています。フランネルを薄手にしたものがサキソニーであり、スコットランドの伝統的に作られてきたもので、薄手のためにやわらかい感触の生地によっていろいろなスーツに使われています。
ツイードは、太いウールの糸を使用し表面がざらっとしたハードな織り方の生地で高級感のあるジャケットなどに使用されています。
ホームスパンは短い毛や再生毛で作られた太い糸を使った手織りの生地で、この生地を生かした秋冬物のスリーピースのオーダースーツは非常に人気があります。

秋冬物のオーダースーツにおすすめの織柄

ストライプ・ヘリンボーン・千鳥格子・チェック柄・バーズアイなどがあります。
秋冬物のオーダースーツに似合うのが、幅広タイプのストライプや、高級感や重厚さがあり中高年者に似合うヘリボーンや、細かい千鳥格子に白地に黒やグレーや茶色などの配色の柄がおしゃれです。
秋冬物の定番の柄として使用されているのがチェック柄でタータンチェックが人気です。
バーズアイは細かな円の模様が無地にはないさりげないおしゃれ感覚を表現してくれます。

秋冬物のオーダースーツは環境に合わせて生地を選択しよう

秋冬物のオーダースーツは、特に寒い冬の日の防寒用としても対応できるように保温性のある生地を選ぶようにします。
秋冬物のオーダースーツの生地としては、ウールを素材とした織り方に特徴のあるものが多くあります。
また、ウールにカシミヤやアンゴラといった高級獣毛を混紡された生地は、非常に保温性に優れていることから、冬でもコートなしで過ごせる場合もあります。