スーツを着こなすコツは、男の後姿をきれいに見せること

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツを着こなすコツは、男の後姿をきれいに見せること

スーツを着こなすコツは背中が決め手だ!

男は背中で語ると昔から言われているように、スーツを着たとき背中がだらしないとスーツを着こなすことができていないことになり、他の人が見たときにマイナスイメージになってしまいます。すなわち、スーツを着こなすコツは背中が決め手になります。ここでは、スーツを着こなすコツを紹介します。

スーツを着こなすコツの紹介

男の後姿の大切さ

ビジネスでお客さまとの商談後、後姿を見せて帰るのですが、その時、背中がだらし見えると、お客さまに良くない印象しか与えず、商談に支障をきたすことになります。そこでスーツを着こなすための3つのコツを紹介します。

首回りのシワをなくす

首回りのシワをなくすとは、怒り肩の人がスーツを着るとツキジワと呼ばれる余りジワができ、なで肩の人はえり抜けを起こしてしまいます。そこで首回りのシワをなくすには、スーツの購入時に合わせ鏡を使ってしっかりとチェックしてシワができていれば、お店の人に補正をしてもらうことで、スーツを着こなすことができるようになります。

パンツ丈の適正化

パンツ丈の適正化は、スーツ全体のバランスを図り、美しいシルエットを形作ります。購入時に、ベルトをしてパンツのウエストを適切な位置に合わせた上で、裾をかかとに合わせて仕上げてもらうことで、うまくスーツを着こなすことができます。

ベントの折れグセの防止

スーツの背面や側面にベントと呼ばれる切れ込みが付いています。椅子に座った時に、ベントが折れ曲がってしまった場合には、他の人から見た印象は良くありません。最近の定番となっている細身のスーツでは特にめくれあがって折りグセができますので、椅子に座る時にはジャケットを脱ぐなどの対応が必要です。

スーツを着こなすコツを習得してできる男を目指す

スーツを着こなす上で大切なのは男の後姿です。背中がだらしないと他の人から見て印象は良くなく、お客さまからそのように見られた場合には、商談にも影響することになります。そのためには、首回りのシワをなくす、パンツ丈の適正化、ベントの折れグセの防止、といったーツを着こなすためのコツを習得することで、お客さまにも好印象を与えることができます。