なぜオーダースーツは既製スーツよりも長い目でお買い得なのか

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > なぜオーダースーツは既製スーツよりも長い目でお買い得なのか

なぜオーダースーツは既製スーツよりも長い目でお買い得なのか

スーツを購入するときに既製スーツとオーダースーツのどちらを選択するかは頭を悩める問題です。一般的には後者の方が価格は高いとされているものの、長い目で考えたときのお買い得となる選択はまた変わっていきます。毎日スーツを着用するビジネスマンの場合は特に既製スーツよりもオーダースーツをなぜ選択すべきかについて詳しく解説していきます。

オーダースーツが既製スーツよりもお買い得の理由

オーダースーツはお客様それぞれのサイズに合わせて作り、手間と時間がかかって縫製工賃も高くなります。既製スーツの場合はサイズの均一化によって生産効率が向上し、縫製工賃が安くなります。さらに、異なる点としては在庫リスクがあるかどうかです。既製スーツの場合は生地代と縫製工賃がかかるとともに、在庫リスクがかかります。その都度作るオーダースーツの場合は在庫リスクがかかりません。在庫リスクがかかる以上、お店側の値付けも高くなってしまいます。

単純な売価だけなら既製スーツの方がお買い得と思っても、在庫リスクによって値付けが高くなってしまっています。高価な生地であればあるほどオーダースーツの方がお買い得になると考えて問題ありません。

スーツの寿命を延ばすためのポイント

スーツの寿命を延ばすために最も重要となるのはサイズ感が合っているかです。自分のサイズに合うスーツを選択することで消耗度は低くなります。また、サイズ感が合わないとシワやヨレができやすくなってしまいます。外観を整える意味においてもサイズ感が合わないのは大きな損につながります。

既製スーツの場合はサイズ感がピッタリ合うことはほとんどありません。採寸したサイズを元にしてオリジナルの型紙を作るわけではないためです。着心地のよさにもつながる要素であるため、スーツを選択するときに無視できません。カッコよくスーツを着こなすためにはオーダーした方がよいのは間違いありません。一度オーダーして採寸データを記録すれば、2着目以降は来店する必要もありません。インターネット上で生地やデザインを指定できます。これから何着もスーツを着ていくことが予想されるビジネスマンの場合は特にスーツをオーダーすることによるメリットは大きいです。

スーツのサイズはパフォーマンスにも影響

スーツを着用しているときに疲れが溜まるという方はサイズが合っていない可能性が高いです。特に肩回りのサイズが合うかどうかは重要です。肩が凝るあるいは疲れやすくなるとどうしても作業能率も悪くなってしまいます。仕事をしているときには常にスーツを着用するため、高いパフォーマンスを発揮するオーダースーツにした方がよいといえます。

肩回りや腕や胸にかけて浮きが出ないサイズを選択することを大前提とするのが重要です。既製スーツと比べた場合、身体のラインもキレイに表れます。仕事用のスーツは高いパフォーマンスを発揮できるか、そして身体のラインがキレイに表れるかといった点に注視しての選択をしましょう。オーダーした場合は価格がどうしても高くなりがちです。しかし、先々のことを考えるとお買い得な選択となります。スーツは何度も買い替えるのではなく、1着を長期的に着用することを考えるべきです。

まとめ

オーダースーツと既製スーツのそれぞれにメリットデメリットがあります。一概にどちらの方が優れているかは断言できないものの、毎日スーツを着用するビジネスマンは先々のことを考えてオーダーした方がよいでしょう。サイズ感が合うことでスーツを着用するときに余計にストレスを抱えることもなく、さらにスーツ寿命を延ばすことにもつながります。在庫リスクがかからないことがコストパフォーマンスの高さにもつながるものです。お気に入りの1着を長期的に着用することを念頭に考えるのが大切といえます。