ベージュスーツの特色を知って上手に着こなしましょう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ベージュスーツの特色を知って上手に着こなしましょう

魅力的なベージュスーツ

スーツのカラーでは、ブラック・グレー・ネイビーの3色が一般的です。ベージュはその明るさや親しみやすい雰囲気が魅力ですが、カジュアル性が強くて、着こなしが難しいと考える方が多いようです。しかし近年では接客業や営業職の方を中心に、ベージュスーツを愛好するビジネスマンも増加しつつあります。

ベージュスーツの着こなし術

ベージュカラーの特色

ベージュは、茶を白っぽくしたような色です。土や木の葉を連想させるカラーであり、明るく朗らかながらも安心感や安定感を見る人に与えてくれます。ベージュカラーは、アパレル・ファッション用語で言うところのナチュラルカラー(アースカラー)なのです。ベージュスーツの着こなしでは、そのようなベージュカラーの特質を活かしたコーディネイトを行わなくてはなりません。

ベージュの色柄の種類

ベージュのスーツには、多様な色や柄があります。どれを選ぶかで、雰囲気は大きく変わります。ビジネスシーンでは、やや濃いめのカラーがお勧めです。無地だと、比較的落ち着いた印象になります。お洒落感を強くしたいなら、ストライプ模様やチェック柄を試してみても良いでしょう。ベージュは春夏のトレンドカラーでもありますので、通気性・吸湿性に優れたコットン素材を用いれば、「春夏もの」のスーツとしてピッタリの仕上がりになります。

ベージュと他のカラーの組み合わせ

ベージュを他のカラーと組み合わせることで、着こなしの幅は大きく広がります。例えば、ベージュのジャケットに白のパンツをコーディネイトすれば明るく爽やかな印象になります。またネイビーもベージュと相性の良いカラーです。

ビジネススーツとしてのベージュスーツ

ベージュスーツは、プライベート用やパーティー用のスーツと思われがちです。けれども仕事着にカジュアルスタイルを取り入れる企業が増えるにしたがって、定番色以外のカラーのスーツもビジネスシーンで積極的に活用されるようになってきています。ビジネスマン個々のファッションセンスが試されています。ベージュスーツを上手に着こなし、社会人としての余裕とお洒落心を表現してみては如何でしょうか?