茶色のスーツは、自然豊かな印象で相手に安心感を与える色

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 茶色のスーツは、自然豊かな印象で相手に安心感を与える色

人気の茶色のスーツを着こなすには

スーツの色といえばネイビーやグレーがビジネスマンにとって定番となっていますが、茶色のスーツも2つの色に次いで人気だということはご存知ですか。どうも茶色のスーツというと着こなすことが難しいという印象を持っている人が多いので、ここでは、茶色のスーツを上手に着こなして好印象を与えることができる方法を伝授します。

茶色のスーツの印象と着こなし方を伝授

茶色のスーツの印象は?

茶色のスーツというとその色からイメージされるのは、秋の枯葉や古い写真のセピア色といった、落ち着いた気持ちや懐かしい気持ちを持たせる色で、都会の喧騒から離れた自然豊かな印象を与え、心に安心感を与える色です。地味な印象もある反面、気持ちを和らげてくれる効果も持っています。

茶色のスーツの特徴

茶色のスーツを着ることによって、重厚感や落ち着きのある印象を与える特徴があることから、大人の男性を演出することもできます。仕事場の部下や後輩から見て、ネイビーやグレーと比べても優しい印象を与えてくれます。

茶色のスーツの着こなし方

茶色のスーツはツーピースでもいいのですが、ベストを合わせることによって、茶色の落ち着き感にプラスして立体感や重厚感を醸し出すことができるので、相手にとって安心感が増すことになります。
茶色のスーツをよりオシャレに着こなすためのネクタイの色は、同色系として統一すると洗練された着こなしとなります。この際のポイントとしては、シャツや小物に茶色とは別の色、例えばブルーなどを配色することでワンランクアップできます。
紺のネクタイとの組み合わせは、イタリアの伝統的な色合わせとして上品な中にも洗練された印象になります。

茶色のスーツの着こなし方のまとめ

茶色のスーツの着こなしは難しいという印象が多くの人にありますが、ネイビーやグレーにない落ち着いたあるいは懐かしいといった印象から大人の男性を演出してくれる色でもあります。スーツにベストを合わせた組み合わせで着ると、相手に安心感を与えることができます。ネクタイの色は同色系で統一すると洗練された着こなしとなり、そこにブルー系のシャツや小物の組み合わせでワンランクアップしたおしゃれが楽しめます。