ビジネスとフォーマルで2刀流を楽しむ方法を洗練しよう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネスとフォーマルで2刀流を楽しむ方法を洗練しよう

ビジネスとフォーマルで2刀流を楽しむ方法を洗練しよう

ビジネス用のスーツと、冠婚葬祭、パーティーなどの華やかな場で着るための用意しておくスーツは本来、区別して着るべきものです。
しかし近年、その境界は曖昧になり、ビジネス用スーツ兼としてのフォーマルスーツとして2刀流の着方をする人も増えてきました。しかし、ともすればマナーを外しかねないのがスーツ2刀流の怖さです。きちんとした着こなし方を覚えましょう。

それぞれの使い分けとしてするべき着こなしとは?

フォーマルスーツは基本的に、黒い色のジャケットだというルールがあります。逆にビジネススーツは、真っ黒ではなくグレーやストライプなど、他の色や柄であるべきものです。では一体、どうすれば2刀流で着ることが出来るのでしょうか。答えは、濃いネイビー色のジャケットです。見方によっては黒にも見える濃いネイビー色は、仕事の場でも、フォーマルな場でも、浮くことはありません。2刀流にはぴったりなスーツと言えるでしょう。

そして、気を付けておきたいのが中に着るシャツです。フォーマルな場所では、シャツは必ず長袖と決まっています。半袖のシャツは、環境のためクールビズの一環として考え出されたものです。仕事用でも、フォーマルな場でも着ていくための2刀流シャツは、必ず長袖のシャツを選びましょう。次に気をつけておきたいのは、ジャケットのポケットに付いている蓋の部分、いわゆるフラップです。

これは外でスーツを着る際、ポケットにホコリが入らないように考え出されたものですが、フォーマルな場所の場合、中にしまっておくのが基本的マナーです。仕事用でも、ホコリの少ない屋内ではしまっておくべきもののため、ビジネスとの2刀流を目指すならば基本的にいつもしまっておきましょう。そして、ぐっと印象をアップさせるのがポケットチーフです。ビジネスの場ではフラットに着こなし、着こなしの場では胸にポケットチーフを入れてメリハリを付けましょう。

葬儀の際にするべき着こなしとは?

社会人ならば、かならず一度は経験するであろう場が、葬儀の場です。ここでするべきフォーマルな服装について、学んでおきましょう。葬儀の時に着るべきスーツはいわゆる略礼装、つまりブラックスーツです。こればかりはビジネス用スーツとの2刀流はできませんので、注意するようにしましょう。このスーツはジャケットとパンツの組み合わせになります。フォーマルスーツの場合、スリーピースのスーツとしてベストを着用することが多いのですが、葬儀の場はお洒落をする場所ではありませんので、基本的にベストは着用しません。

もしも着る場合は、必ずジャケットと同じ真っ黒のベストにしましょう。次にシャツは、色柄の入らない真っ白なシャツがマナーとなっています。夏場などは半袖のシャツでも構いませんが、葬儀が行われている間は暑くても我慢をして、ジャケットを着用しましょう。

そして重要なのが、ネクタイです。必ず、黒のノーマルなネクタイを着けるようにしましょう。葬儀の場ではオシャレは不要ですので、凝った結び方をしたり、ループタイやアスコットタイなどのおしゃれなネクタイをするのはNGです。また、葬儀の場ではアクセサリー類も基本的にマナー違反です。結婚指輪以外のアクセサリー類は、必ず外して出席するようにしましょう。

まとめ

ビジネスとフォーマルの2刀流は、おしゃれ上級者の着こなしです。基本的なマナーや、守っておくべきセオリーを外してしまわないよう、フォーマルスーツとビジネススーツの違いをしっかりと調べてからチャレンジしてみてください。うまく着こなせれば、周囲から一目置かれる事間違いなしです。