ビジネススーツを着こなすときの基本的なマナーの紹介をします。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネススーツを着こなすときの基本的なマナーの紹介

ビジネススーツを着るときのぜひとも押さえたいマナーについて

ビジネススーツを着るときには、守るべき基本的なマナーがあります。 ビジネスは相手があることですから、相手の信用を得るためには、派手なスーツ姿やカラフルなネクタイは着ないといった必要最低限の守るべきマナーがあります。ここでは、ビジネススーツを着るときのマナーの一部を紹介します。

ビジネススーツの基本的なマナーと着こなすためのマナーについて

ビジネススーツの基本的なマナー

ビジネススーツを着る際には5つの基本的に抑える必要のあるマナーがあります。
前ボタンの留め方、サイドポケットのフラップの出し入れ、クールビズ時のジャケットの有無やシャツの袖の長さ、ビジネススーツとしての黒色スーツの有無、などがあります。前ボタンの一番下は留めずに開けておき、室内でのフラップはポケットの中に仕舞っておき、屋外やパーティーなどでは出していきます。クールビズ時には、相手がジャケットを着ている場合があるので持ち歩き、ジャケット着用時のシャツの半そではNGとなります。黒色のスーツはフォーマルの時に着るものですのでビジネスではNGです。

スーツを着こなすためのパーツ別のマナー

ジャケットは、大きすぎず小さすぎず体型に合ったものを選ぶのが必須で、シャツは白地を基本とした清潔感のあるものを選び、薄い水色程度まではOKです。襟にボタンがついているボタンダウンはカジュアル用なのでNGです。パンツの長さは、細身では靴にかかる程度、ゆったり目の幅では靴に3~4cm程度かかるものにします。折り目はきちんとつけるようにします。ネクタイは無難な色柄のものを選び、くぼみのある結び方をします。また、ネクタイの長さは先端がベルトにかかる程度とします。ベルトと靴は色を合わせ、靴は紐靴とします。

ビジネススーツの着こなしのマナーで気持ちよい仕事を

ビジネススーツの着こなしは、相手に対して第一印象の良い清潔感のあるすっきりした姿を見せることが必要で、そのためには、ジャケット・パンツ・シャツ・ネクタイ・ベルト・靴といった各パーツのマナーを守って、コーディネートすることが大切です。