オーダースーツを着て行う商談は清潔感のある身なりが大切です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを着て行う商談は清潔感のある身なりが大切

商談のポイントは人柄とオーダースーツです

商談をする際には、相手に好印象を与えることで打ち解けて、お客さまの利益になる提案をすることが大切となります。
そのためには、お客さまから受け入れてもらえる必要があり、それは人柄と身なりです。
特に身なりが悪いと警戒されることになりますので、その人に合ったオーダースーツを身に着けることが商談のポイントです。

商談に最適なオーダースーツのセレクト方法

商談の極意

商談の極意は、人それぞれ人柄が違いますので自分なりの商談の持って行き方がありますが、第一印象が良いこと、お客さまの身になって、話を進めていくことではないでしょうか。
第一印象で重要なのは、こちら側の身なりです。よれよれのスーツやワイシャツ姿では話を聞いてもらえる段階に進まない場合も多く、まず身なりを整えることから始まります。

身なりの整え方

商談時に必要な身なりの整え方にもいろいろなものがあります。技術的な売込みの場合では、スーツよりも作業服の方が良い場合もありますが、営業マンが商談する場合には、通常スーツ姿で対応することになります。
スーツは既製服でもいいのですが、お客さまは相手の人柄もあわせて商談を考えますので、自分に合ったオーダースーツで身なりを整えることで自信をもって商談に臨むことができます。

オーダースーツの選び方

商談は、人柄がポイントですので、作るオーダースーツは自分がどのようなスーツが必要なのかを具体的にイメージしておくことが必要です。
どのような生地の色柄で、デザインは細身なのかゆったり目なのか、襟やボタンの数や位置などの詳細部分、などこだわりをもって選ぶことが必要です。

商談に適したオーダースーツの着こなし方

商談に適したオーダースーツの着こなし方には、清潔感・肩の位置・ボタンの留め方・ポケットのフラップ・袖丈・着丈・ネクタイの位置・ウエストの位置・裾の長さ・靴下の色といろいろな要素がありますが、相手に好印象を与えるには、キチンと身なりを整え清潔感を印象付けることが必要となります。