手入れ方法の簡単なオーダースーツ(オーダーシャツ)の洗濯から収納まで

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 手入れ一つで新品同様のオーダースーツの状態を保つことも

手入れは簡単、オーダースーツ

オーダースーツを新品同様に美しく保つためには、正しい手入れが不可欠です。
手入れをすることで、長い間着用したいものです。
今回はオーダースーツの中でもオーダーシャツ(Yシャツ)に的を絞って、その手入れ方法をご紹介していきます。短時間で簡単にできる手入れのため、試してみてはいかがでしょうか。

Yシャツの手入れをする

Yシャツの洗濯は「弱く短く低く」

Yシャツを収納する前にまずは洗濯をしますが、その際には洗濯機の回転を弱くし、洗濯時間は短く、そして低い温度にします。

Yシャツの素材に合った洗濯方法

Yシャツの素材に多い綿や麻などは、天然素材のためデリケートで縮みやすい素材とも言えます。綿素材に適した洗濯方法としては、小さめのネットで1~2分ほど手洗いを行い自然乾燥します。
一方、麻のYシャツは洗濯機の回転は弱めで、常温(低温洗浄)にします。麻は色落ちしやすい素材のため、色落ちを防ぐために回転は弱め、常温、短時間で洗濯すると良いでしょう。

収納前の5分間はコレ

Yシャツを収納する前にアイロンをかけることで、シワのないYシャツを着用することができますが、アイロンかけが面倒、という人には「手アイロン」がお勧めです。
手順としては、洗濯終了直後に平な場所にYシャツを広げて置きます。
片手でYシャツを多少引っ張りながら反対の手を平にして中心から外側に向けてシワを伸ばしていきます。
襟を伸ばした後、ハンガーにかけて再度少し引っ張ることでしわが伸びます。

手アイロンの後は畳むだけ

手アイロンの後は畳んでいきます。全てのボタンを留め、背面を上にして袖を肩幅より内側で折り返します。
そして袖の付け根に合わせて折り返し、両袖とも同様にします。
袖のシワを手で伸ばし、Yシャツの裾をカフスと一緒に折り返します。
そこからYシャツを半分に折り、裾とカフスは袖と袖の間に入れ、表のシワを伸ばして完成です。

まとめ

オーダースーツの中でもオーダーシャツ(Yシャツ)の手入れを、順を追って見てきました。
最後に収納ですが、ベストな収納方法はハンガーにかけて収納することです。
この方法ではYシャツが潰れることもなく、重力によりシワができにくくなっています。ハンガーにかける際にも、ボタンを全て留めるとよりシワができにくくなります。
まめに手入れをすることで、いつ人前に出ても恥ずかしくないオーダーシャツ、オーダースーツにしましょう。