冠婚葬祭には礼儀を守るためにオーダースーツで出席しましょう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 冠婚葬祭に着ていくオーダースーツを社会人が持つ意味

社会人が持つべき冠婚葬祭専用のスーツ

冠婚葬祭で正式に着用する礼服はタキシードや燕尾服ですが、ブラックスーツで参列することが一般的には行われています。
但しビジネス兼用のブラックスーツと礼服は厳密には異なっているため注意が必要です。
いざと言うとき失礼の無いように、冠婚葬祭に参列するためのオーダースーツを社会人は最低1着は準備しておきましょう。

冠婚葬祭で着用するスーツにはどのようなものがあるか?

ビジネス兼用のダークスーツと礼装のブラックスーツ

グレーやネイビーのダークスーツも礼服として用いることが出来ます。
略礼装としてブラックスーツと同格に扱われ、結婚式や通夜で着用できます。実は正しいマナーでは通夜ではダークスーツを、葬式ではブラックスーツを着ます。
「急いで駆けつける」通夜に、礼装は相応しくないという考え方からです。
但し現在では通夜も葬式も同じブラックのオーダースーツで出席しても別に構わないとされています。ネクタイや靴下もブラックにする必要があるので注意してください。
またネクタイを締める際には結び目にくぼみが出来たりシワが寄ったりしないようにするなど、細かなマナーもあります。
社会人になった以上、冠婚葬祭用のスーツは必要です。
大勢の人が集まる場ですので、上品さを保ち礼儀を守るためにもシッカリとしたオーダースーツを作製しておきましょう。

結婚式で着用するスーツ

葬儀の礼服はネクタイや靴下も含めて黒で装うため分かりやすいですが、意外に迷うのが結婚式に着ていく礼服です。
ジャケットに関してはブラックが基本ですが、ネイビーやグレー、目立たないストライプなら大丈夫です。ネクタイはシルバーグレーやホワイト、白地に黒柄などが良いでしょう。
赤系統や青系統は色が薄くて明るいものはOKですが色が濃すぎる場合はNGとなりますので、やや難しいです。
親族などでは無く、友人関係で出席する場合は、カジュアルなスーツでも許容されます。

黒地のビジネススーツと礼服の違い

黒いビジネススーツと冠婚葬祭用の礼服は同じものだと誤解している方も居られますが、両者は全く違います。
まず同じ黒でも礼服の黒が文字通り真っ黒なのに対し、ビジネススーツの黒はややグレー寄りです。
色の相違は明るいところで見ると顕著に分かります。またジャケットの裾に割れ目があるデザインは、礼服ではあり得ません。
オーダースーツの礼服を作製する場合は、使用期間が長いことを考えてユッタリなシルエットで依頼する方が多いようです。