冠婚葬祭時に着用するスーツはシーンごとにふさわしいものが異なります。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 冠婚葬祭時に着用するスーツはシーンごとにふさわしいものが異なります。

冠婚葬祭のスーツはここが違う!

冠婚葬祭に着るスーツとは、どのようなものがあるのでしょうか。
生地が黒いのでビジネススーツでも代わりになるのではないかと考えているあなたと冠婚葬祭スーツの違いについて考えていきましょう。

冠婚葬祭のスーツの基本について

冠婚葬祭用のスーツとは

冠婚葬祭用のスーツは、一般的に礼服と呼ばれるもので、黒色のビジネススーツとは大きく異なります。一番の違いは色の質です。
礼服の色は深みのある黒色ですが、ビジネススーツの色はグレーあるいは紺色に近い色が薄めの黒色がほとんどです。
屋外で見ると顕著に光沢の違いで大きく異なるのがわかります。
また、形状も大きく異なり、礼服はジャケットの腰の部分を覆っている裾が切れていないノーベントに対して、ビジネススーツではセンターベンツあるいはサイドベンツと切れ込みが入ったものになります。
礼服は長く着るのが前提となる服なので、ゆったりとしたデザインが特徴的です。

冠婚葬祭用のスーツを購入する際の注意点とは

礼服を購入するときの注意点としては、長い期間にわたって着るものですので、ゆったりとしたシンプルで飽きの来ないデザインのものとし、できれば季節に合わせて春夏物と秋冬物の2種類を購入する方が、暑い寒いといった気温の変化に柔軟に対応できます。

結婚式に出席する場合のスーツとは

基本的には礼服のスーツに光沢のある白色やシルバー色のネクタイを締めるのが定番です。

お葬式に参列する場合のスーツとは

基本的には礼服のスーツとして光沢のないものに黒色のネクタイを締めるスタイルとなります。

冠婚葬祭のスーツのポイントは

冠婚葬祭に着るスーツは、結婚式の出席あるいはお葬式の参列に合ったスーツを着る必要があり、一般的には礼服と呼ばれるものですが、結婚式は光沢のある生地を使ったもの、お葬式は光沢のないものを選ぶ必要があります。黒色の生地なので、ビジネススーツで代用しようとしても、スーツの光沢や生地の種類やスタイルによって大きく変わりますので、その場に適したスーツを着る必要があります。