大人の魅力を打ち出したい!30代が着るべき結婚式の服装とは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 大人の魅力を打ち出したい!30代が着るべき結婚式の服装とは

大人の魅力を打ち出したい!30代が着るべき結婚式の服装とは

友人や同僚など、結婚式でゲストに呼ばれることが多くなる30代では、年齢に合った服装を選ぶことが大切です。オシャレに着こなすことで、周囲に一目置かれる存在になるので、しっかり選択していきましょう。

基本は黒のスーツ

男性が結婚式でゲストとして呼ばれた場合、略礼服を着用するのがいいとされています。略礼服とは、「燕尾服」・「モーニングコート」・「タキシード」・「ブラックコート」のことです。

これらのスーツは、フォーマルなシーンにおいて重要な服装になるので、30代で結婚式などに呼ばれる機会が増えた時に備えて、一式揃えておきましょう。

結婚式で30代が着こなすスーツとしては、一番ブラックスーツが状況にあっているのでおすすめです。ブラックスーツは、通常の黒スーツと比べて、黒の深さがありオシャレに見えます。

基本的に、30代の男性が結婚式でゲストに呼ばれた場合は、ブラックスーツといった黒を基調としたスーツを選ぶことが大切です。

ただ、普段から着ているビジネススーツでは、黒の深さが全然違うので、30代でビジネススーツを着ていくと笑われてしまうでしょう。黒スーツといっても、フォーマルなシーンに適している服装を選択するようにしてください。

30代がオシャレに見せるならネクタイは白

結婚式でゲストに呼ばれた場合、ブラックスーツを着るのが基本ですが、それでは他の方と変わらないため、オシャレを楽しむことができません。そのため、意識することとしては、ネクタイをオシャレな物にすることです。

結婚式といったフォーマルな場所では、白のネクタイがオシャレに見えます。30代の品位を上げることができ、上品な印象を与えることが可能です。

他にも、シルバーグレーのネクタイも目立たないくらいのオシャレな雰囲気になるので、結婚式でもおすすめになります。

自分のブラックスーツと合わせてみて、似合うと感じるネクタイを選択してみてください。ただ派手な色やスーツが黒であるため、黒すぎるネクタイはNGです。暗い印象を与えてしまいます。

ポケットチーフで大人な印象を演出

結婚式のフォーマルな会場では、ポケットチーフを持っておくと、一つ上のオシャレな男として演出することができます。

ネクタイと同じように、白を選択する方が多いですが、グレーでも問題ありません。多少の光沢が入っていてもオシャレに見えるので、ネクタイと合わせて着用していくようにしましょう。

ポケットチーフの折り方については、新郎新婦との関係によって異なるので、状況に応じて折り方を把握して、間違えのないように用意しておいてください。

結婚式でNGな服装

30代では知らないで済まされない、結婚式でのNGな服装について紹介していきます。具体的に知りたい方は参考にしてみてください。

1.白スーツ

白いスーツは、結婚式では新郎だけが着る服装であるため、ゲストで着ていては恥ずかしい思いをしてしまいます。また明るいグレーやピンクのスーツもNGなので、派手なスーツは避けるようにしましょう。

2.全身黒コーデ

結婚式ではブラックスーツが基本ですが、ネクタイを黒にするのは葬式といった弔事を連想させるので控えましょう。スーツだけを黒にして、ネクタイには白などを取り入れるのが大切です。

まとめ

30代になると、周囲が結婚することが多くなることから、フォーマルな服装を準備しておくことが大切です。そのため、一着でもいいので、ブラックスーツを準備しておくといいでしょう。

オシャレを意識したいのであれば、ネクタイやポケットチーフを白などに統一させて、大人な雰囲気を演出させてみてください。

結婚式のNGな服装としては、白はもちろん、全身黒色も弔事を連想させるので避けましょう。恥をかかないためにも、30代になったら結婚式の服装は意識して選ぶことが大切です。