チーフについて学ぶとスーツの着こなしが上手くなります

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > チーフの使い方で印象が変わるその色選びと折り方のコツ

チーフを活用する使い方のコツ

スーツを着る時にセットとなる定番アイテムはネクタイですが、チーフを活用することでイメージを変えることができます。利用することで知性や清潔感、華やかさを演出することが可能です。ただ使い方のポイントを知らないと浮いてしまう場合があるので、必要性と使い方のコツについて学ぶことが必要になります。

チーフを使う時に知っておきたいポイント

チーフの素材はリネンとシルクの2種類があり、リネンはカッチリとした硬い雰囲気を、シルクは華やかでエレガントな印象を演出してくれます。
共にビジネスとカジュアルのどちらのシーンでも使うことができますが、結婚式やパーティーなどのフォーマルではシルクがおすすめです。
ただ使い方で色や折り方などに気をつける必要が出てくるので特徴を知っておくと役立ちます。
ポピュラーなスクエアはあらゆるシーンで活躍して、四角に折りたたみ縁を1~2センチ外にのぞかせるのが一般的な見せ方になります。
少し攻めの姿勢になるトライアングルやパーティーシーンにぴったりのパッフドそして正装としてのスリーピークスなど使い方の基本を覚えておくと役立ちます。

色の選び方も重要です

チーフの使い方では、素材や折り方とともに重要なポイントが色になります。
シーンや気分に合わせるだけではなくスーツとの相性、カラーコーディネートを考える必要が出てくるので注意してください。
基本は、白もしくはネクタイの柄に入っている色と合わせるのが一般的な使い方です。
ただ厳密なルールはなく最近は白よりも無難に落ち着くグレイを選ぶ人も多くなっています。
はじめてチーフを購入する初心者の方にはシルクの白色が良くどのようなスーツの色にも合わせやすく、重宝するのでおすすめです。
慣れてきたら他の色にチャレンジするのもカジュアルシーンなら気楽に試せるのでコーディネートを試してください。

チーフは基本を知ることが大切です

チーフはスーツの印象を変えてくれるアイテムですが、奇抜な色や折り方をすればいいわけではなく、基本を押さえておくことが大切です。自己主張やおしゃれ感に走るのではなく、清潔感やマナー、シチュエーションに合わせて的確な色や折り方を知ることが必要になるのでまずは知識を身に着けることが大事になってきます。
そこから少しずつ実践していき、自分なりのコツを掴んでいくことが大切です。