コートの丈は流行を取り入れながら決めるポイントをご紹介

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > コートの丈は流行を取り入れながら決めるポイントをご紹介

コートの丈は流行を取り入れながら決めるポイントをご紹介

ビジネスマンの戦闘服であるのがスーツです。そして、寒い季節にはスーツの上から着るコートが欠かせません。おしゃれにコートを着こなしてこそ、一人前のビジネスマンと言えるのです。特に大事なのが、コートの丈です。スーツに合った適切なコートの丈を選べなければ、ファッションは台無しになってしまいます。適切なコートの最新のファッションを取り入れた丈について、ポイントをチェックしおきましょう。

適切なスプリングコートの丈とは

少し肌寒い春や秋口に活躍するのが、薄手のスプリングコートです。最も人気が高いのは、シンプルな襟がついたステンカラーコートです。そのほか、かっちりとした大人っぽいトレンチコートなども、根強い人気があります。色は、スプリングコートの場合、紺などのフォーマルな定番色も良いのですが、やや明るめのベージュやキャメル、ライトグレーなどがよく好まる傾向にあります。

そこで注意したいのが、コートのサイズです。スーツの上から着るからと言って、あまり大きめのサイズにすると、肩口や袖が垂れ下がってしまい、ややだらしない印象を与えてしまいます。

コートのサイズは、大きすぎず小さすぎずのジャストサイズを選ぶようにしましょう。そして重要になってくるのが、適切なコートの丈です。一般的にコートの丈は膝より上が適切と言われていますが、スプリングコートの場合、もっと短いショート丈のものも、活動的で人気となっています。そして、ショート丈のものを選ぶ時に注意したいのは、スーツ丈との対比です。コートの裾からスーツの上着の裾がはみ出して覗いているのは、お世辞にもおしゃれとは言えません。必ずコートの丈の方が長くなるよう、適切な丈のコートを選びましょう。

適切なウィンターコートの丈とは

寒い冬場に着たいのが、厚手の生地を使い、しっかりとした裏地のついたウィンターコートです。ウィンターコートで特に人気があるのは、フォーマルな場に着て行っても恥ずかしくない、チェスターフィールドコートです。胸元が開き、スーツのような襟がついたタイプのコートを指します。若い人には、カジュアルなデザインのダッフルコートなども好まれています。

こちらは、紐のついたボタンで左右を留めるデザインのコートを指します。ダブルのボタンが付いた、ショート丈のピーコートなども近年人気が高まっています。そしてウィンターコートで人気の色は、チャコールグレーなどの濃いめの灰色系や、ネイビーなどの紺系、そして定番の黒です。丈は、スプリングコートと同様に、膝より上が丈の基本です。後は好みや、通勤に何を利用しているかによって丈を選びましょう。自家用車を運転している場合は、あまり長い丈だと足の動きを妨げてしまうので注意が必要です。

逆に、徒歩の距離が長い場合は、防寒対策としてやや長めのコートの丈を選ぶのが適切だと言えるでしょう。公共交通機関を利用し、外を歩く距離が短い場合は、暖房で暑くなってしまわないよう、やや短めの丈のコートの方が良いかもしれません。ショート丈を着る場合は、スプリングコートの場合と同じく、スーツの上着がはみ出さないような、フィット感のある丈のコートを選ぶようにしましょう。

まとめ

老若男女問わずに人気が高いのは、流行に左右されない無地のシックなコートです。個性的なコートでおしゃれ感を出したい場合は、派手すぎない色合いのチェック柄のコートなども良いでしょう。そして、適切なコートの丈は、生活スタイルや好みによっても変わってきます。普段よく着ているスーツや、歩いている場所、働いているオフィスなどに合わせて、あなたらしいおしゃれを楽しんでみましょう。