オーダースーツの着心地は?既製品のスーツとの違い

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの着心地は?既製品のスーツとの違い

オーダースーツの着心地は?既製品のスーツとの違い

オーダースーツは自分の体のサイズに合うよう細かく調整し、さらにデザインや素材も細かく指定します。いわゆる特注品となりますので、やはり既製品との違いは感じられるものです。実際に着てみて、既製品とはどのような違いがあるのか、着心地などについて紹介していきます。

体にフィットする心地よさ

オーダースーツにする上で着る本人が特にメリットと感じやすいのはやはりフィット感ではないでしょうか。既製品の場合、まずはおおよそ体のサイズに近いスーツを選び、そこから裾や袖の調整を行うという事がほとんどです。しかしそれでは厳密なサイズ調整はできません。

オーダーする場合、肩幅であったり丈の長さ、股下だったりする部分など、調整を正確に行えます。既製品ではこの理想的なサイズ感を実現するのはどうしても難しくなってしまいます。

着心地という意味では、オーダーしたものは既製品に比べて格段に向上するでしょう。ただ、どちらにも共通して言える事ですが、体型が変化するとフィット感も失われますので、オーダーした場合は特に体型の維持を意識しておきたいものです。

こだわりの生地で気持ちの良い着心地

オーダースーツはサイズだけでなく、素材やデザインも選べます。上着に関しては肌と触れる事はあんまりありませんが、パンツは常に肌と触れているといって良いでしょう。肌に触れる部分は特に、生地の違いを直接感じられるため、着心地に直結してきます。

また、生地は動きやすさにも関係しています。例えばイタリアのスーツ一つにしてもブランドがたくさんあるように、素材で着心地は大きく変わってきます。シワからの回復が早かったり、夏でも涼しく着用できたりするほか、肌触りが別格に良かったりするなど、生地の良し悪しははっきり表れます。

もちろん、高級な生地を選ぶ事でスーツそのものの価格は高くなってはしまうものの、オーダーするスーツの魅力はそこにあるとも言えます。サイズ感はもちろん、素材から好みに作り上げられるため、既製品を超える着心地を得られます。

相手に与える印象が良くなる

体の大きさに厳密に合わせられているオーダースーツは、体にフィットしているだけあり、周囲からすると綺麗に着こなしているように見えます。それだけでなく、素材やデザインもオリジナリティが溢れており、相手に与える印象は良くなるでしょう。

人からよく見られるという点は、オーダースーツならではの着心地とも言えるのではないでしょうか。自分の好みを取り入れつつ、プロが設計するデザインでTPOに合わせて着こなすことで、好印象に残るファッション性だけでなく、ビジネスシーンでは仕事ができそうといった良いイメージを持ってもらえるかもしれません。

まとめ

オーダースーツの良い着心地は、正確に体のサイズを測り、フィットするスーツに仕立てているのが一番の理由です。単に肩幅や股下を測るだけでなく、猫背の人など個々の特徴を踏まえた上で作りあげ、その人が特によく見えるように作られます。
完璧に仕上がったスーツは着心地が良いでしょうし、周囲からの印象も自然と良くなります。サイズが合っていなかったり、ボロボロであったりするスーツを着ていると、どうしても印象は悪くなりますので、オーダーで理想のスーツを手に入れてみてはいかがでしょう。