最良の選択を模索する|オーダースーツと既製スーツの違い

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 最良の選択を模索する|オーダースーツと既製スーツの違い

最良の選択を模索する|オーダースーツと既製スーツの違い

販売されているスーツを大きく分けると既製スーツとオーダースーツの2タイプがあります。既製スーツはすでに完成されたスーツであり、オーダースーツは顧客の注文を受けてから制作を始めるスーツです。どちらを選択する場合もメリットデメリットがあります。大切なのは目的に合ったスーツを選択するためにそれぞれの特徴を把握することです。既成スーツとオーダースーツの違いを比較検討していきましょう。

既製スーツのメリットデメリット

既製スーツは一定の規格でメーカーが大量生産しているため、仕上がりまでに時間がかかることなく、必要なときにすぐに購入できるのがメリットです。職場や自宅の付近に該当する店舗がない場合は通販での購入も選択できます。そして、価格の安さも大きなメリットとなります。一着あたりの原価を安く抑えて大量生産することで、安価で購入できる製品も少なくありません。また、スーツは消耗品であるため、長期的に着用するとどうしても買い替えないといけない場合もあります。価格が安いからこそ買い替えもしやすくなるのは間違いありません。

一方でデメリットとなるのはサイズやデザインに制約があることです。決められたデザインであるとともに、平均的な体型を基準に型紙が作られているため、大満足の一着を選ぶのは現実的に難しいといえます。さらに、標準体型ではない方にとってサイズを合わせるのも難しく、着心地が悪くてストレスが溜まる要因にもなりえます。品質面においても耐久性に欠けてすぐに着られてなくなってしまうこともないわけではありません。

オーダースーツのメリットデメリット

オーダースーツの最大のメリットは自分の体型に合ったスーツを作れることです。着丈や袖丈などの調整ができて、標準体型ではない方も着心地のよさを追及できます。さらに、好きな生地やデザインを選択してスーツを作れるのも魅力的です。自分だけのオリジナルのスーツを作れるのが楽しみと思う方も少なくないでしょう。そして、オーダースーツは一度作ってしまえば簡単にオーダーもできます。スーツを作るたびに採寸が必要なわけではありません。体のサイズが変わらなければ次回以降の採寸はしなくても問題ないです。

デメリットとなるのは顧客から注文を受けてから制作を始めるスーツであるため、すぐにスーツが必要である場合には適していません。注文をする場合は期間に余裕があるのが望ましいです。既製品と比べると価格が高くなってしまうのも注意点となります。特に既成の型紙を使うことなく、全身を細かく採寸して自分専用の型紙を作成する場合、価格は数十万円になるのを覚えておいた方がよいでしょう。

2タイプの違いを理解しての選択

一概に既製スーツとオーダースーツのどちらが優れているかはいえないものです。それぞれにメリットデメリットがあるため、何を最も重視するかによって選択は変わっていきます。ビジネスマンの場合は毎日スーツを着用することになるため、着心地のよさを追及できるメリットは大きいといえます。消耗度に関しても既製スーツよりも低く、長く愛用できるのも魅力的です。

さらに、社外の人間と会う機会が多いのであれば、オーダースーツを選択してより自分の価値を高めるのがよいでしょう。ファーストコンタクトではビジネスマンは見た目で判断されるからこそ、違いが明確に分かるスーツを着用する意味は大きいです。

まとめ

既製品とオーダースーツはさまざまな点で違いがあるのが理解できるはずです。あまりスーツを着用する機会のない方の多くは既製品を選択するものの、ビジネスマンの場合はオーダースーツを選択するメリットは大きくなります。着心地のよさを追及できてスーツ姿のときにストレスが溜まることがなく、さらに相手に与える印象も変わるものです。自分のために作られたスーツは格別なものとなり、愛着を持って長期的に着用できるのも大きいといえるでしょう。