ビジネスマン向け革靴の持ち運びに便利なグッズ一覧と注意点

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネスマン向け革靴の持ち運びに便利なグッズ一覧と注意点

ビジネスマン向け革靴の持ち運びに便利なグッズ一覧と注意点

ビジネスマンは出張や研修などの際に革靴を持ち運びたい機会も少なくないはずです。
革靴を持ち運ぶこと自体は難しいことはないものの、傷がついたり型崩れを起こしたりするのが懸念事項となります。
持ち運びたい場合に便利なグッズを有効活用するとともに、何に気を付けるべきかのポイントを理解すれば外出先でだらしなく見られることもありません。

革靴の持ち運びにあると嬉しいグッズ一覧

革靴の持ち運びの際にはいかに気を付けてもいてもトラブルが生じる可能性は0%とはなりません。傷や汚れや型崩れしてしまった場合を想定しておきましょう。
馬毛ブラシ、乳化性クリーム、靴を拭く布といったグッズが有効活用することで、もしもの場合も安心です。汚れを取り除くために馬毛ブラシを使い、乳化性クリームも合わせて使って布で磨き上げると簡単なお手入れができます。
小さなサイズの靴べらも用意しておけば、履き口を傷めることもありません。

また、型崩れを防止するためにシューキーパーや傷むのを防止するシューバッグ揃えておきたいグッズとなります。
シューキーパーに靴を入れることで型崩れを防止し、持ち運びに適した軽さのものも少なくありません。
折りたたんでしまえて荷物の中に入れるときにかさばらないのも嬉しい要素です。シューバッグもほかの荷物と擦れて傷んでしまうのを防げます。
それぞれの靴のサイズに適したものを選択しましょう。
包み込むように収納ができて、持ち運びにピッタリであるのはすぐに分かるはずです。

何度も革靴を持ち運ぶ機会が想定されるビジネスマンはこれらのグッズを購入しておいて損はありません。
傷や汚れや型崩れしてしまったら買い替えればよいと考えるのではなく、持ち運び際にいかに予防するかが大切となります。

革靴を持ち運びための準備

上記のグッズ一覧を使って革靴を持ち運ぶ場合、まずシューキーパーを入れてしまいましょう。
次に靴ひもは靴の内側に入れてほかの荷物と擦れないようにすべきです。
さらに、1つの袋に片足の靴を入れ、片足のつま先をもう片方のかかと側に向くようにしましょう。
重たいものや傷を付けてしまう可能性のあるものは、近い場所に入れないのも大切です。

ビジネスマンの場合はビジネスバッグに収納することになるはずです。収納の際にも気を付けるべきポイントがあることを覚えておきましょう。

事前に対策を取っておくのがポイント

革靴の持ち運び自体は何も難しいことはなくとも、さまざまな気を付けるべきポイントがあるのが分かるはずです。
どんなに気を付けていてもトラブルが絶対に生じないようにするのは難しいです。
外出先でだらしなく見えてしまう状態になることもないわけではありません。事前に対策を取っておくのが大きなポイントになります。

ちょっとした工夫によって大切な革靴の寿命を縮めないようにすることができます。
ビジネスマンは見た目から信頼できるかどうかを判断され、スーツやワイシャツだけではなく靴も身だしなみとして整っているかチェックされます。
お客様や社外の人間と会う際には特に気を付けないといけません。
外出先でも靴の手入れが行き届いていると印象付けるのが望ましいです。
便利なグッズ一覧を上手に活用し、注意すべきポイントを熟知して適切な対応をしていきましょう。

まとめ

多くのビジネスマンは革靴の持ち運びの際に失敗した経験があるものです。
何も考えずに持ち運ぶと傷や汚れや型崩れで頭を悩ませることになりかねません。
外出先でだらしなく見えてしまうのを避けるためにも事前に対策を取っておくのが大きなポイントとなります。
一連の流れを覚えてしまえば何も難しいことはありません。
傷や型崩れといったリスクが生じやすい靴であるからこそ、持ち運ぶ際には最善の対策を取っておくのが望ましいです。