夏場に欠かせないクールビズは気を付けたいこともあります

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 夏場に欠かせないクールビズは気を付けたいこともあります

夏場に欠かせないクールビズは気を付けたいこともあります

暑い季節になると、スーツでの活動に支障が出てくることがあります。それが汗や不快感などであり、ビジネスマンに必須なアイテムであるスーツには様々な問題があるのです。そういう問題を回避してくれるのがクールビズであり、多くの企業で採用されていますが、気を付けたいこともありますのでしっかりチェックしておいてください。

シャツについて

クールビズをまとう際、様々な点に気を付ける必要がありますが、そのひとつがシャツの選択です。

例えば、「クールビズでお越しください」という案内があった場合、その対応に迷う人も多いのではないかと思います。というのも、会社によって実際に想定されているシャツに違いがあることがあるからです。自分はこれでよいと思って用意しても、実際に会社に行くと、その格好をしているのは自分だけということもあり得ます。

ですので、不安になる方もいると思います。不安な方は、念のためにジャケットなどを装備しておくとよいでしょう。

シャツで気を付けたいことは、その場に合ったものを選定することです。様々なシャツがありますが、その中でもおすすめはボタンダウンのシャツになります。ボタンダウンタイプの、アイロン掛けをしっかりしたものであれば大丈夫です。ただ、タンダウンシャツは正装ではありませんので、その点の認識も必要になります。

正装を重視している会社であれば、カッタウェイシャツがおすすめです。カッタウェイシャツは、シャツの襟タイプの中で、最も襟羽根の開いた角度が大きいもので、正装用として人気があります。ネクタイにはあまり合いませんが、夏向けのジャケットの下にそのまま着用すれば問題ないと思います。

パンツについて

クールビズで気を付けたいこと、2点目はパンツについてです。

シャツと同じようにパンツにも様々なものがありますので、選ぶ際は注意しておきましょう。いくつかポイントがありますが、まずはサイズからです。

パンツを選ぶ時はサイズに気を付けてください。クールビズというのは全体のバランスはもちろんのこと、ディテールも注目される点です。自分好みということで、ブヨブヨブカブカのパンツを履いてくのはマナー違反になります。履いて行きたい気持ちは分かりますが、そこはマナーを守り、自分の体型ラインがよく分かるちょうど良いサイズのものを準備しておきましょう。

また、美脚効果を期待できるような、テーパードシルエットなどもおすすめです。そして2つ目は清涼感で、清潔感を重視する際は、ビジネススーツの基本色とも言われているグレーのパンツもいいでしょう。その場合、淡い色調のものも選ぶと清涼感を演出できます。

小物選びについて

クールビズをまとう場合、小物選びにも気をつけてください。

小物にも様々なものがありますが、そのひとつがベルトではないでしょうか。せっかくオシャレで清潔感に溢れたシャツやパンツをチョイスしたとしても、いつも着用している黒色のベルトでは、オシャレ感を演出するのは難しくなります。夏向きの服装はカジュアルダウンしていることもあり、ベルトについても黒色よりかはメッシュ系のベルトのほうが周囲にリラックスした印象を醸し出してくれます。

また、靴下にも注意が必要です。スーツを着る際は素材ではなく、リブ編みソックスなどバランス良くカジュアルダウンしてみましょう。ベルトと同じように、靴下にも気をつけてください。

クールビズで気を付けたい点をチェックしておきましょう

暑い夏場にホットできるのがクールビズであり、採用する企業も少なくありません。夏場にはなくてはならないアイテムのひとつにもなっていますが、気を付けたいこともありますので注意が必要です。シャツやパンツ、靴下など、気を付けたいことを今一度確認しておきましょう。