コストを削減しつつオーダースーツの品質を保っているおすすめブランド

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > コスト重視の方におすすめするオーダースーツブランド

品質を落とさずに価格を下げる工夫

「オーダースーツは既製品より価格が高い」と言うのは常識です。けれども値段重視のお客様を呼び込むべく、各オーダーメイドブランドも智恵を絞っています。
その際に大切となるのが「品質を落とさずに価格を下げること」です。
優れたコストパフォーマンスで人気を集めているおすすめブランドをご紹介いたします。

コスト重視のオーダースーツブランド

オンリーのミニマルオーダー

オンリーでは、オプション選びやモデルなどに関するロスを徹底的に省いたミニマルオーダースーツを提供しています。
お客様が選択するのは生地と採寸のみです。
採寸は店舗で行う方法と自分で行う方法があり、自己採寸ではONLY特製採寸メジャーを借り受けることが出来ます。
どちらの方法でも、採寸から生地選び、サイズ登録で作業は終了です。
生地はウール仕立てのオリジナル生地を始めとして32種類用意されており、バリエーションは豊富です。
コスト重視のワンプライスですので、オプション追加による価格上昇を避けたい方におすすめです。

選べるモデルは10型を超えるグローバルモデル

老舗の生地問屋タンゴヤが展開するオーダーメイドブランドが「グローバルモデル」です。
生地はゼニアやロロピアーナなど有名どころを筆頭に約5000種類で、おすすめオプションも豊富です。
培ってきた独自のネットワークによる素材の調達とパターンオーダーを基本とした採寸調整によって、価格を抑えています。

スマホでお手軽注文できる「ディファレンス」

紳士服のコナカが展開するオーダーメイドブランド「ディファレンス」では、スマホで簡単にスーツを購入できます。但し初回は、テーラーによる採寸が必要なため、店舗を訪問しなければなりません。
2着目以降は、全ての過程をスマホの専用アプリで済ませられます。
ベーススタイルのあるカスタムオーダーとなっており、国内の協力工場の存在がコスト抑制に役立っています。

コスパ関連でおすすめする海外の生地ブランド

オーダースーツの海外生地ブランドでコストパフォーマンスを重視するなら、イタリアの「レダ」と「カノニコ」がおすすめです。レダは約150年、カノニコは約350年の歴史を持つ老舗ながら、両社ともに紡績から製織、仕上げまでを自社で行う生産システムを築くことによって、リーズナブルな商品提供を可能にしています。
イタリアの生地に興味がある方は、1度は手に取ってみてください。