オーダースーツとシャツのコーディネイトではダブルカフスがお勧めです

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの袖口を男性的な魅力で際立たせるダブルカフス

大切なカフス(シャツの袖口部分)

オーダースーツを仕立てる際には、シャツとのコーディネイトも重視しなければなりません。取りわけVゾーンや袖口は注目を集めます。シャツの袖口部分(カフス)がだらしないと、折角のオーダースーツの良さが台無しになってしまう可能性があります。カフスのお洒落にも気を配るようにしましょう。

ダブルカフスを着る楽しみ

シャツ・カフスの種類

オーダースーツに似合うシャツ・カフスの種類を紹介します。コンバーチブルカフスは、ボタンが片方に付いており、ボタンホールが両方にあります。ボタンでもカフスボタンでも、好きなほうで袖口を留めることが出来るタイプです。片方に付いているボタンで留めるタイプをシングルカフス(パレルカフス)と呼び、折り返してカフスボタンで留めるタイプをダブルカフス(フレンチカフス)と言います。他にも折り返しはあるもののボタンで留めるターンナップカフスやテニスカフス(カフスボタン専用のシングルカフス)などがあります。

魅力は装飾性の高さ

シャツ・カフスの中でも、ダブルカフスは装飾性の高さや男性っぽさの演出で人気があります。折り重なったカフスやお洒落なカフスボタンは、袖口にさり気ない立体感が生みだします。ビジネスシーンはもちろん、フォーマルな場でも使用可能です。フレンチカフスという別名は、英米で趣向に富んだ工夫をフレンチ風と呼ぶことに由来しています。

シャツのカラーと柄

ダブルカフスシャツのカラーと柄も、コーディネイトするオーダースーツによって変えてみましょう。基本は白の無地ですが、ダーク系のスーツに似合う黒の無地や、色目が鮮やかなストライプ柄もお勧めです。カフスボタン(カフリンクス)をサービスしてくれる店舗も多いので、シャツ購入の際はカフスボタンが付いているかどうか確認するのを忘れないようにしてください。

カフスボタンの種類

ダブルカフスは、袖口にボタンが付いていないカフス専用のシャツです。そのため着用の際はカフスボタン(カフリンクス)の選択が重要になってきます。カフスボタンは留め具の形式で区別されることが多く、スウィヴル(Tバー)式やチェーン式、固定式、紐式、スナップ式、ラップアラウンド式などがあります。一般的なのはスウィヴル式ですが、好みのタイプを探すのもカフスボタン購入における楽しみの1つです。