オーダースーツの着こなしについてトランプ大統領に注目しています。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツで自分の思いを表現!トランプ大統領的着こなし術

自分の流儀を貫き通す!トランプ大統領流オーダースーツ

自分の個性や思いを外見で表現するための手段にできるというのが、オーダースーツの一番の魅力といっても過言ではないでしょう。
そのメリットを最大限に生かしてスーツを着こなしている代表的な人物の一人が、トランプ大統領です。
ここでは、トランプ氏の着こなしや、そこから見える大統領の思いをご紹介しましょう。

ファッションに思いを込めるトランプ大統領

トランプ大統領はファッションに造詣が深い

もともとトランプ氏は、自分の名前を冠するブランドを持つほどファッションに造詣が深いことで有名です。
メラニア夫人や長女のイバンカさんもファッション業界で活躍しています。しかしながら、ファション専門家によるとトランプ氏の着こなし方はおしゃれなものというわけではなく、自分流を貫いたスタイルといえるそうです。
スーツはぴったりしたものよりもサイズの大きめのものを好み、オーダースーツについても良いものを選んでいるにしろパターンから選択していると見られています。
ファッションに詳しいのであればオーダースーツももっとこだわりを持って選びそうなものですが、どのような意図を持ってスーツ選びをしているのでしょうか。

トランプ大統領流のスーツへのこだわり

まず、体格の大きな方は大きめのスーツを好む傾向にあります。トランプ氏も例外ではないのかもしれません。大きめのスーツを選ぶことによって、自分を大きく見せる効果も期待できます。
トランプ氏は立場のある方なので、そうした狙いもあるのでしょう。また、オーダースーツに使用されている生地は高級生地のスーパー200ではないかといわれています。
他にも手元できらりと輝くカフスにこだわりを持っていたり、自分の感情をネクタイのカラーで表現したりと、細かいところにトランプ氏流のおしゃれが見えます。
日本で安倍首相と会談するとき、トランプ氏は赤字に白いドット柄のネクタイを身につけていたことがありました。
これは、日本の旗をイメージして、友好的な感情を表してくれたのではないでしょうか。

ルールよりも気持ちを大切に

トランプ大統領のファッションをチェックしていると、TPOに合ったルールよりも、その場で出会う相手への思いや自分のアピールしたいことを服装に込めているように見えます。
ファッションに自分の気持ちを込めるのはビジネスなどさまざまなシーンで真似することができそうですね。