着こなしで引き立たせよう、最近流行のクラシックデザインのオーダースーツ

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 着こなし一つで変わるオーダースーツの近年の流行を知る

着こなしで決まるオーダースーツ

オーダースーツを上手に着こなしている人を見ると、「仕事ができるビジネスマン」という印象を受けます。
オーダースーツはフィット感が魅力でもあるため、体型に合った着こなしをすることが大事です。
またシーンに合わせた着こなしをすることでオーダースーツが一段と引き立ちます。
スーツの流行を知り、トレンディーなオーダースーツを見つけましょう。

近年流行のオーダースーツとは

一年ごとに変わるスーツの流行

スーツにももちろん流行があり、何年か前に流行ったスーツを着用してみても、「最近のスーツと何かが違う」ということがあることでしょう。そう考えると、流行に左右されないスタンダードなデザインのスーツも持っていると便利です。
しかし、「流行を取り入れたオーダースーツが欲しい」という場合には、今までの流行を知って上手に着こなしましょう。

2015年までに流行ったスーツはコレ

2年ほど前までに流行っていたスーツのデザインとしては、「肩パットのないスリムなデザイン」や「ジャケット丈が短め」そして「芯地のないアンコン仕立て(非構築的な仕立てで、ジャケットの裏に入れる様々な素材を省いた仕立て)」などカジュアルなデザインでした。
アンコン仕立てのスーツは着心地が軽いのが特徴です。
このようなデザインが流行ったのは、「体型をよりスリムに見せたい」という思いを重視したからに他なりません。

2016年に流行ったスーツはコレ

2016年になると、クラシックデザインを取り入れたスタイルが流行り始めます。
クラシックとは伝統的なデザインを取り入れたスタイルであり、今までのようなスリムを表現したものとは一味違うスタイルと言えます。
クラシックデザインの特徴を一言でいうと、「男らしい印象を与えるスタイル」です。ジャケット丈はヒップが多少出る程度にして、芯地を抜かずに袖山を少し下げます。
それにより肩周りのボリュームが出るため、たくましく見えます。

まとめ

以前から「ファッションの流行は10年」と言われていますが、最近ではサイクルが短くなったとも言われます。
2016年には男らしさを強調したクラシックデザインなどの他、ダブルのジャケットやスリーピース、ワンプリーツパンツなども流行りました。
流行を取り入れることも必要ですが、オーダースーツの場合は特にオリジナリティが魅力であるため自分らしさを強調したデザイン、自分に合ったデザインを上手に着こなすことが大事だという結論になります。