失敗談を参考に、オーダースーツの仕立て時のミスを防ごう!

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > failure失敗談も意外と多い!オーダースーツの落とし穴と対策

失敗談に学ぶ!ミスをしないオーダースーツの仕立て方とは

「オーダースーツ」と聞くとついつい響きがカッコ良く、「より良いもの」を作りたくて、少し背伸びした生地やデザインで仕立てようとしたり、当初の目的以上に気持ちの方が浮かれて先行してしまったりするものです。
そこで今回は、失敗談に学ぶよりよいオーダースーツを仕立てるための方法を考えてみましょう。

具体的なオーダースーツの失敗談例3選

では、具体的にオーダースーツを仕立てる際にはどのような失敗談の例があるのか見てみましょう。

1.生地の失敗談の例

オーダースーツ仕立て時には特に、自分の好きな生地、格好良く見えそうな薄い生地、つい背伸びした高級生地などを選んでしまいがちです。
ところが、その結果出来上がりが案外派手になりすぎてしまったり、持ちが悪かったり、サイズが合わなかった時に取り返しがつかなくなってしまったりします。

2.サイズの失敗談の例

オーダースーツを仕立てるとなると、多くの素敵な店舗で様々なものを見ては作ってみたくなり、さらに自分の気に入りのシャツと合わせたいと、普段より気持ち気合いの入った服装で仕立てに挑んでしまうものです。
しかし、初回オーダーを繰り返すとその度に店舗ごとのサイズ感の違いに悩まされたり、普段着用しているようなシャツとは仕立てが合わなくなったりしてしまいます。

3.できあがりの失敗談の例

オーダースーツとは言え「安く済ませたい」という気持ちや、逆に良いものを仕立てたつもりで浮かれている気持ちがあると、出来上がり時の細かなミスや、細かなディテールの出来の不具合に気付かず店を後にしてしまう場合があります。
また、つい好みの生地を見つけるとオーダーしてしまう癖のある人は、似たようなスーツでクローゼットが溢れてしまう場合もあります。

失敗談のようなミスをしないために:オーダースーツを仕立てる時のコツ

それでは、どのようにご紹介した失敗談のような例を防ぎ、オーダースーツの仕立てを成功させることができるのでしょうか?
一つは、初回店舗では念入りなサイズ計測の上、できるだけ背伸びしない無難な生地を選ぶことです。オーダーを繰り返す上で、だんだんと好みやサイズの感覚がご自身と店舗間で合ってきます。冒険はそのあとでも遅くありません。
もう一つは、きちんと出来上がり時にサイズやミスがないかを確認し、何か気づきがあれば迅速に指摘することです。
できる限りの対策を取り、失敗の少ない、気持ちを高めてくれるオーダースーツ生活を送りましょう。