オーダースーツの高級ブランドを着こなしておしゃれ偏差値を上げましょう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツにおけるおしゃれ偏差値の決め手は生地ブランド

試してみたい高級ブランドスーツ

オーダースーツの購入を検討していても、高級ブランドスーツは自分とは縁のないモノだと思い込んでおられませんか?
日本の百貨店などに店舗を展開している海外のスーツブランドは少なくありません。
ビジネスマンとしてのおしゃれ偏差値を上げてみたいと考えておられる方は、ぜひ高級ブランドスーツにチャレンジしてみてください。

スーツの価値を決める生地ブランド

生地で決まるスーツの偏差値

仮にオーダースーツにおしゃれ偏差値なるものを付けるとして、その決め手となるものは何でしょうか?
仕立てはもちろんですが、生地のブランドが大きな要素であることは間違いありません。
但しオーダースーツの生地に関しては、ミル系メーカーとマーチャント系メーカーで、それぞれ扱い方が異なっています。
ミル系メーカーは自社工場でスーツ生地を織っています。生地を自社で生産するため、高品質のスーツを比較的安い価格で提供することが可能です。
マーチャント系メーカーは自社工場を所有しておらず、高品質の生地を発注・買付します。
生地の種類を豊富に揃えて、お客様の多様なニーズに応えています。
生地と仕立て、この2つが揃ってこそ、オーダースーツのおしゃれ偏差値も高くなるのです。

スーツ生地の産地

海外のスーツ生地では、イギリス生地とイタリア生地が名高く、人気があります。
イギリス生地は伝統的な製法で丈夫に織られているため、フォーマルな場で着用するスーツに向いています。
イタリア生地は色彩が豊富で、手触りも滑らかです。
身体に馴染みやすく、お洒落着としても活用できます。国産生地は高級品というイメージはありませんが、品質が安定しているところが魅力です。
イタリアのエルメネジルド・ゼニア(創業1910年)やロロ・ピアーナ(創業1936年)、イギリスのドーメル(創業1842年)やハリソンズ・オブ・エジンバラ(創業1863年)などは、世界的にも名声を確立しているブランドです。

ビジネスマンとしておしゃれ偏差値を上げる方法

高級ブランドスーツを身にまとえば、存在感が増し、周囲に一目おかれるようになるでしょう。
ブランドを知っている人は、そのスーツの価値にすぐに気付きます。
ブランドに詳しく無い人が見ても、高級ブランドスーツは普通のスーツより光沢感やシルエットのレベルが格段に上なのです。
小物や髪型に凝るよりも、スーツに力を入れたほうが、ビジネスマンとしてのおしゃれ偏差値は上がると思いませんか?