裏地はスーツの着心地とオシャレな身だしなみを表現するポイント

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 裏地はスーツの着心地とオシャレな身だしなみを表現するポイント

スーツの着心地とオシャレな身だしなみは仕立ての良い裏地がポイントです

スーツは、表の生地を見てオシャレな身だしなみをしているという判断をされがちですが、裏地はスーツの着心地を支えているだけでなく、表地と裏地の色の違いや裏地の素材によって、見た目の印象が変わってくるものです。ここでは、裏地の持つオシャレな身だしなみのポイントなどを見ていきましょう。

オシャレな身だしなみをするための裏地の選び方

裏地の種類

裏地の種類には素材と織り方に分けることができます。素材の分け方では、シルクやキュプラやアセテートやレーヨンなどの天然繊維あるいは再生繊維の素材、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維の素材、があります。
織り方では、平織り、綾織り、朱子織りの3つのパターンがあります。いずれの織り方も滑りが良いのが特徴です。

裏地の選び方

裏地を選ぶ時のポイントとしては、表地との相性です。表地と裏地を重ねたときに折る引っ張るといった動作を行った時に同じように動くことが相性の良い状態となります。
色の選び方では、基本的には、裏地の色は表地と同系統の色を選びます。また、裏地は無地だけでなく、柄物の裏地を選ぶことも良くあり、水玉やストライプやチェックやプリントなどで大胆な柄を選ぶことで隠れたオシャレを楽しむこともできます。

裏地によるスーツの着心地

スーツに裏地がつきものなのは、裏地が摩擦を軽くしてくれるので、脱ぎ着がしやすくなり、スーツが痛むのを防ぐ働きがあるからです。裏地の素材によりスーツの着心地が異なり、シルクはさらっとした肌触りが特徴で、ポリエステルは、しわになりにくい、摩擦に強い、といった特徴があり、身だしなみにも大きな影響を及ぼします。

スーツの着心地とオシャレな身だしなみに欠かせない裏地についてのまとめ

スーツのオシャレな身だしなみを形作るのは全体のシルエットですが、表地と同様に大きな役割を占めているのが裏地です。裏地によってスーツの着心地がポイントとなります。そのためには、裏地の種類や織り方を選ぶことでのスーツの脱ぎ着のしやすさ、色や柄などを選ぶことで隠れたオシャレを表現することができます。