フォーマルスーツのいろは冠婚葬祭別にあわせての選択が大切です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > フォーマルスーツのいろは冠婚葬祭別にあわせての選択が大切

奥が深いフォーマルスーツのいろはとは

日本国内において、フォーマルスーツといえば略礼服となっていますが、海外では単にブラックスーツという位置づけだけです。
海外では、正礼装、準礼装、略礼装、がいろはとなっていて、ドレスコードできっちりと決められています。
ここでは、日本におけるフォーマルスーツについて考えてみます。

フォーマルスーツの種類と選び方

フォーマルスーツの種類

正礼装としてモーニングコート、燕尾服、準礼装としてタキシード、略礼装としてブラックスーツやダークスーツ、がいろはとなっていて、ドレスコードできっちりと決められています。

フォーマルスーツの着るシーン

結婚式にはブラックスーツやダークスーツとし、ネクタイはシルバーで、ベストを着用してスリーピースが正式ないろはです。
葬式には、シングルあるいはダブルのブラックスーツを着用し、白色のシャツに無地のブラック色のネクタイを着ます。
卒業式にフォーマルスーツを着る場合には、晴れやかさを演出するために、シャツやネクタイは明るい目のきれいな色柄を選びます。

フォーマルスーツの選び方

フォーマルスーツは、一旦購入すると、一般のスーツと異なり、そうそう頻繁に買い替えることはしないので、5年~10年先まで着ることができるものを選びます。流行に左右されない飽きのこないデザインを選び、オールシーズン用がベターです。
しかし最近の夏場の高温では夏用のフォーマルウェアを一着準備しておく方が良いと思います。
また、長く着る場合には体型の変化も考えて、少しゆったり目の方が良いと思います。

フォーマルスーツのポイント

フォーマルスーツのポイントとしては、日本国内では略礼服が主流で、冠婚葬祭の各シーンに合わせて、ブラックスーツあるいはダークスーツを着用して、ネクタイをシーンに合わせてコーディネートするのがいろはです。
フォーマルスーツは5年~10年先まで考えて購入する必要があります。