知っているようで知らない、フォーマルスーツのいろはをご紹介

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 知っているようで知らない、フォーマルスーツのいろはをご紹介

知っているようで知らない、フォーマルスーツのいろは

冠婚葬祭などで着ることが多いフォーマルスーツは、社会人であれば一着は用意しておきたいスーツの一つです。 しっかり用意しておかないと、後から急いで準備する羽目になります。今回は、フォーマルスーツについて、あまり知らない方のために、フォーマルスーツのいろはを紹介していくので、参考にしてみてください。

フォーマルスーツの種類

フォーマルスーツといっても、ドレスコードの区分によって、選択するスーツの種類が異なります。まず正礼装として位置づけられるのが、モーニングコート・燕尾服です。

準礼装としては、タキシードが該当します。略礼装としては、ブラックスーツやダークスーツがいろはとなっていて、ドレスコードによって微妙にスーツの指定が異なるので、しっかり理解しておくが重要です。

またフォーマルスーツとして、モーニングコートや燕尾服、タキシードを日常的に持っている方は少ないので、社会人として事前に準備しておく必要があるのは、ブラックスーツかダークスーツであるということを理解しておきましょう。

ちなみに、海外ではフォーマルスーツというと、単純にブラックスーツのことを指していると言われています。

フォーマルスーツを着用するシーン

フォーマルスーツを着るシーンのいろはとしては、結婚式にブラックスーツかダークスーツを着用するのが基本です。またネクタイは白かシルバー、ベストを着用するスリーピースが正式ないろはとされています。

今では、結婚式もカジュアルになりつつあるため、スーツの種類もストライプを選ぶことができるなど、微妙な違いが出ていますが、ブラックスーツとダークスーツが結婚式としてのいろはなので、後から恥をかかないように気を付けましょう。

葬式のいろはとしては、シングルかダブルのブラックスーツを着用し、白色のシャツに無地のブラック色のネクタイを着るのが基本です。葬式については、他の色を着用することはないので、フォーマルスーツのいろはを理解しておけば、問題ありません。

卒業式にフォーマルスーツを着用する場合は、シャツやネクタイを明るいカラーを取り入れ、柄も入れるのが晴れやかさを演出することができます。

フォーマルスーツの選び方

フォーマルスーツの選び方のいろはとしては、オールシーズンのスーツを購入するのが大切です。ただ夏場は暑くて、オールシーズンのフォーマルスーツでは汗をかいてしまうので、フォーマルウェアを準備しておくと、後から困ることがありません。

フォーマルスーツの場合は、一度購入すると5年~10年は買い替えることがないので、流行に関係ないデザイン性のスーツを選び、ゆったり目のサイズを選ぶことが重要です。

社会人として結婚式に呼ばれることが増えることを考慮すれば、ブラックスーツかダークスーツを一着は準備しておくといいでしょう。

会社関係の方の結婚式に参加することも考えて、大人として恥ずかしくないデザインを選択し、無難なコーディネートを意識しておくことをおすすめします。

一式でブラックスーツかダークスーツ、白のネクタイ、ベストを準備しておけば、どのような結婚式のお呼びがかかっても対応することが可能です。

まとめ

社会人になると、名称を聞くことが増えるフォーマルスーツですが、意外と詳しく知らない方も多いので、いろはを理解しておくことが重要です。

フォーマルスーツといっても、正礼装・準礼装・略礼装といったドレスコードで、用意する服装が異なるので、招待が来た時に違いがわからないように、注意しましょう。

基本的に、頻繁に使用する可能性があるフォーマルスーツは、ブラックスーツやダークスーツです。一式揃えておけば、いざという時に準備が遅れることはありません。

フォーマルスーツのいろはを理解して、格式高い会場に招待された時に恥をかかないようにしていきましょう。