フランススーツはおしゃれな着こなしができるのが特徴となっています。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > フランススーツはおしゃれな着こなしができるのが特徴

フランススーツは着こなしに特徴があります

フランスは芸術性の高い国で、また、フランス人はプライドが高い民族です。
そのようなフランス人向けのフランススーツは、ブリティッシュやイタリアンと比較して特徴的な違いがあります。
そのため他のスタイルのスーツを着るとき以上に着こなしするための特徴があります。

フランススーツの着こなし術は?

フランススーツの特徴

ブリティッシュやイタリアンと比べて特徴的なのが、ラペルです。
ラペルとは、スーツの上襟からの折り返し部分を言います。
一般的なスーツのラペルは、ノッチラペルやピークラペルが多くなっていますが、フランススーツは、カラーとラペルをつないだゴージと呼ばれる部分が切れていて、その形が魚の口のように見えることからフィッシュマウスと呼ばれています。
また、スーツの上着のウエストのシェイプ位置やポケットの位置も高くなっていて、おしゃれな感じの仕上がりとなっています。

フランススーツの着こなし術

フィッシュマウスのフランススーツは、ビジネススーツとしてはあまりなじまないのですが、3つボタンスーツとは相性が良いようです。ウエストのシェイプ位置やポケットの位置が高いので、足が細くすらっとした人には足が長く見えて非常にスタイル良く見えます。
暑い夏でも上着の着用は必須ですが、ノーネクタイというケースもおしゃれな着こなしとなっています。
スーツの色は紺あるいはグレー色が基本でコーディネートしていて、着こなししやすくなっています。

フランススーツによるシンプルで上質の着こなしを目指そう

フランススーツは、ラペルの形がフィッシュマウスになっていたり、ウエストのシェイプ位置やポケットの位置がブリティッシュやイタリアンと比べて高くなっていて、スタイルはタイト調になっているので、足の長さが強調され、大変おしゃれに見える着こなしができるのが特徴です。