新社会人がスーツを揃える際に注意すべきポイントとは?

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 新社会人がスーツを揃える際に注意すべきポイントとは?

新社会人に欠かせない「スーツ選び」

新社会人にとって覚えなければならない事柄は山積みです。けれどもスーツの取扱いを後回しにしてはいけません。背広はビジネスマンの「戦闘服」であり、その人の第1印象を決める重要なポイントでもあるからです。背広の着用に失敗すると、社会人生活の最初の段階で躓いてしまいます。ここでは、スーツ選びのコツについて考えます。

新社会人がスーツを購入する際のコツ

就活用の背広はいつまで着られるか?

就活用の背広は、ビジネス用の背広とは違います。黒色無地の背広は冠婚葬祭の礼服を連想させることもあり、ビジネスマンが着ることはあまりありません。但し、入社式には就活用の背広で出席してもOKです。研修期間終了までは就活用の背広を着ていても新社会人なら許されます。遅くとも、研修期間中にはビジネス用の背広を用意するようにしましょう。ビジネス用の背広を購入する際のコツは、ピークシーズンよりも早く専門店を訪れることです。店員が丁寧に応対してくれますし、小物なども含めて品数が充分に揃っています。

お勧めの背広のカラーとその数

成り立ての社会人が迷ってしまうのは、スーツの数です。お金を節約したいために「2着で我慢しよう」と思われるかも知れませんが、可能な限り3着は揃えるようにしてください。背広を長持ちさせるコツは「2日連続で同じ背広を着ないこと」です。3着あれば楽に使い回せますので、個々の背広の寿命が延び、結果的にコスパは良くなります。新社会人にお勧めする背広の色は、若々しさを引き立てるネイビー、次いで落ち着いた印象のチャコールグレーです。背広が3着なら、ネイビーを2着、チャコールグレーを1着購入すると良いでしょう。

重視すべきスーツのサイズ感

新社会人がスーツを購入する際に最も重視すべきなのは、サイズ感です。サイズが合わない背広を着ているビジネスマンは、周囲に悪い印象を与えてしまいます。サイズ調整のコツは、肩のフィット感を大切にすることです。袖や裾の長さもキチンと調節するようにしましょう。思い切ってオーダーメイドにするのも、1つの方法です。パターンオーダーなら、既製品とあまり変わらない価格で入手できます。