オーダースーツ選びのゴールデンルールの実践は自身の源になります。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツ選びのゴールデンルールの実践は自身の源

オーダースーツ選びのゴールデンルール

スーツといえば既製服のスーツを思い浮かべる人が多いと思います。学生時代の入学時の制服はまさしく既製服で成長期に合わせるように大きいサイズの制服を着せされていました。
大人になってもそれをひきずって一つ大きめのサイズを買ってしまうことがあります。
これは悲劇の始まりで、スーツはジャストサイズを選ぶことがゴールデンルールであり、既製服ではなくオーダースーツによるゴールデンルールを目指すことが必要です。

ゴールデンルールを適用したオーダースーツの選び方・着方

ゴールデンルールとは

ゴールデンルールとは日本語では黄金律と呼ばれていてイエス・キリストが提唱したルールの一種です。ここではそれを転じて、オーダースーツを選ぶルールとして述べています。

ゴールデンルールによるオーダースーツの選び方

人が他の人とコミュニケーションをとる時の印象を決める要素としては、話の内容ではなく、外見が大きなウェイトを占めています。第一印象が重要だといわれますが、まさしく見た目が良ければ好意を持たれることになります。
そこで、オーダースーツを作る際のゴールデンルールについて述べます。
まず、体型に合ったサイズを選びます。肩幅・着丈・袖丈・裾丈といったポイントはジャストサイズとします。
自分の体形に合ったスーツを着ることにより、走っても邪魔にならず自分の体の一部になるからです。
次に生地は目の細かいものを選ぶことが大切です。
生地の目の粗いものを着ていると安価なオーダースーツと見られる場合があります。

ゴールデンルールによるオーダースーツの着方

ゴールデンルールによるオーダースーツには着方があり、オーダースーツを着るときの心構え、ワイシャツの選び方、ジャケットとネクタイとの間のVゾーンの黄金比などがあります。

ゴールデンルールで選んだオーダースーツの感想

ゴールデンルールで選んだオーダースーツによって、その効果はすぐに出てきます。具体的には、社内の上司・同僚・後輩から一目置かれる存在になる、初対面の女性にも意識されるようになる、仲間からの誘いが増える、自信をもって行動することができる、といったことです。