好印象を与えるネクタイの選び方はシーンごとの最適なものを選択する

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 好印象を与えるネクタイの選び方はシーンごとの最適なものを選択

ネクタイの選び方ひとつで印象が変わる?

服装で人の印象は大きく変わるのですが、スーツを着た時のネクタイの選び方により、好印象の度合いが変わってきます。特に、ビジネスの場合、オフィス内、プレゼン時、お客さまとの商談時、会食・接待時、などのシーンによって選びネクタイの種類が異なってきます。ここでは、シーン別のネクタイの選び方について紹介します。

好印象に見えるネクタイの選び方

ネクタイの着こなしの基本

ネクタイの基本的な着こなしについて、ネクタイを締めたときの長さは、ベルトに少しかかる程度が適しています。
また、ネクタイの幅はラペルの幅に合わせます。狭いラペルのスーツに幅広いネクタイをするとネクタイが目立ちすぎ、逆の場合は、ネクタイが貧弱に見えます。ネクタイを締めるときには、首の前にくぼみを作るように締めます。

ネクタイの種類

ネクタイの種類には、ダービータイ・ニットタイ・ボウタイの3種類があり、良く締められているのはダービータイです。ダービータイには、大剣の幅が10cm以上のワイドタイ、大剣の幅が7~9cmのレギュラータイ、大剣の幅が4~6cmのナロータイの3種類があり、最近のスーツのラペルの幅が狭くなっているので、ワイドタイはほとんど使われず、レギュラータイが好印象を与えることから広く採用されていて、カジュアルシーンにはナロータイが使用されている場合があります。ニットタイやボウタイは、カジュアルシーンに使われることが多きなってきています。

ネクタイの生地の選び方

最も多く使われている生地はシルクで、秋冬にはウール、夏にはリネンなどが使われています。

ネクタイの色や柄の選び方

ビジネスシーンで使用される色は青や紺系が多く、柄は無難な無地が選ばれています。

ネクタイの選び方はシーン別に選ぶこと

好印象を与えるネクタイ選び方は、使用するシーンごとに異なります。オフィス内ではよほど目立つネクタイをしない限り自由な選び方ができます。
プレゼンの場合は、説得力を発揮するために赤系のものが適していて、お客さまとの商談時には、相手に信頼感や安心感を与える青や紺系のドットの小さな柄が好印象を与えます。会食・接待時には、コミュニケーションを取りやすい黄色系のストライプ柄などが好印象を与えます。