ビジネスマンは見た目を磨け!好印象を与えるスーツの選び方とは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネスマンは見た目を磨け!好印象を与えるスーツの選び方とは

ビジネスマンは見た目を磨け!好印象を与えるスーツの選び方とは

ビジネスマンがスーツを選ぶ際の理由を曖昧にしてはいけません。フォーマルな場であることを意識し、相手に好印象を与える選び方を心がけるのが基本です。しかし、問題となるのは何を基準としてスーツを選べばよいかです。自分の魅力が増す選び方は明確に存在するからこそ、毎日スーツを着用するビジネスマンは知っておかないといけません。

サイズが合わないスーツはNG

サイズの合わないスーツを選ぶことでだらしなく見えてしまい、相手に不安を抱かせてしまいます。仕事ができるかどうかは別として、見た目の良し悪しで印象が決まるビジネスマンはまずサイズを合わせることを念頭におくべきです。ジャケットは肩の位置に合わせ、ボタンを閉めたときに握りこぶし1つを目安に入るかどうかも確認した方がよいでしょう。さらに、着丈はお尻が隠れそうかに注視して長さを決めましょう。襟元のシャツは1cm~2cmを目安に出るようにすべきです。

サイズを合わせるのはスーツの選び方の基本であるものの、あまり意識していないビジネスマンも少なくありません。もちろん、職業に合ったものを選択することも大切です。個性を出すことよりも社内で浮いてしまわないデザインであるのが望ましいです。試着をする際にはしゃがんだときの動きやすさ、上下のシワ、ジャケットの後ろの切れ目が閉じているかといった3点を確認しましょう。

季節に合わせての選び方について

できるビジネスマンほど季節に合わせてどの素材のスーツを選択するかを考えているものです。ウールは1年中着ることができる素材であるものの、必ずしもウールを選択しないといけないわけではありません。リネンとコットンは通気性、吸水性、撥水性に優れているのが特徴で春夏に適しています。ポリエステルは動きやすい素材であり、ビジネスシーンにもピッタリです。清涼感と着心地のよさが優れているのはウールとキュプラを混紡した素材です。

それぞれの季節によって適した素材は変わることを覚えておかないといけません。ビジネスマンの場合は3着を1日交代で着るようにし、生地が消耗するのを抑えるようにしましょう。季節が異なるものはクローゼットに飾ってあるだけという状況を作り出せば、そのときに適したものを選択できるはずです。

年齢に応じて異なる価格相場

スーツの選び方は年齢層に応じて変えていくべきです。どういった印象を相手に与えるかが変わっていくのが大きな理由となります。20代の場合はコストパフォーマンスの高い2万円~4万円のものを選択し、誠実で素直な印象を与えることを念頭に置きましょう。30代の場合は相手に気を使える身だしなみが要求され、生地やボタンなどの細かい点も拘りを持って5万円前後のものを選択しましょう。40代以上になると大人の男性として頼りがいのある身だしなみを心がけるべきです。10万円前後の費用をかけて自身の拘りを入れながらもビジネスシーンに適した1着を求めるのがよいでしょう。

選び方によって印象が180度変わるのがスーツ選びの難しい点です。色や柄、デザインや着こなし、さらには相手に与えたい印象などさまざまな要素をかんがみての選択をしないといけません。ビジネスマンにとっての戦闘服姿は見られていないようで実は見られていると認識すべきです。年代や予算を考慮し、できる限りの最良を求めるのが望ましいです。

まとめ

ビジネスマンのスーツの選び方で何を意識すべきか理解できたはずです。サイズ、季節、年齢といったごくごく当たり前の要素にしっかりアプローチすることが大切です。ビシッとスーツを着こなす方は仕事もできるのではないかと思われ、自分の価値を高める要因になるといえます。何をチェックしないといけないかを理解していれば、対応するのはそう難しくはありません。