価格は重要だが、低価格でも高品質のオーダースーツは見付けられます

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 価格を下げながらオーダースーツの品質を落とさない方法

オーダースーツ販売店の努力

「オーダースーツは値段が高い」というイメージをお持ちの方は大勢いらっしゃると思いますが、近年は低価格で良品質なオーダースーツを提供する専門店も増えてきています。
そのための企業努力も様々です。一例を挙げるとK-51インターナショナルは「完全予約制」「無店舗販売」「出張サービス」によって余計なコストを抑えて、お客様の利便性を図っています。

オーダースーツの種類と価格

オーダースーツの価格は、材料費やブランドの他に、その品にどれだけ職人の手が加わるかによって決定します。
そのため「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3種の中では、既製品に最も近い形式のパターンオーダーの価格が安くなります。
相場はパターンオーダーが2万円前後から、イージーオーダーが5万円前後から、フルオーダーが大体20万円以上となります。
もちろんブランドや販売店によっても異なりますが、価格で妥協する際には生地などの品質を下げたくなければ、フルオーダーをイージーオーダーにするなどスーツの種類を変更するのも1つの手です。

良品質のオーダースーツを見分ける3つのポイント

お手頃な価格であっても良品質のオーダースーツを見分けるポイントが3つ程あります。
1つ目はスーツ全体の柄合わせが出来ていることです。
肩の縫い目などスーツの細かい部分まで柄がキレイに揃っていれば、丁寧な仕事が為されている証拠です。2つ目が上衿の裏側に「ヒゲ」があるかどうかです。
この場合の「ヒゲ」とは「生地を折り返した縫い付け」のことを指します。
3つ目がスーツの型崩れを防ぐ芯地に接着芯では無く毛芯を使用していることです。
以上3つのポイントを確認してみましょう

初心者にお勧めのオーダースーツの種類

オーダースーツには「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」3つの種類があります。オーダースーツの初心者は、まずはイージーオーダーかパターンオーダーから試してみると良いでしょう。
特にマシンメイドで作業することによって価格を抑えているのにも関わらず、デザイン補正や体型補正をシッカリしてくれるイージーオーダーに関しては、販売店の工夫と努力でかなりの低価格で提供できるようになっています。