オーダースーツ内製化・自動化によるコストダウンで半額化を実現しました

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツ内製化・自動化によるコストダウンで半額化を実現

オーダースーツの価格ってどうなっているんですか?

オーダースーツを作る場合には、お客さまの要望を聞いて、採寸、生地の選択、襟やボタンなどを決めて一から作るフルオーダースーツから、用意されたパターンを基に袖や襟などを微調整して仕上げるパターンオーダースーツまで仕立て方がありますが、仕立て方により価格が大きく異なってきます。
その価格の秘密に迫ってみました。

既製服の半額にも迫るオーダースーツの価格の秘密

価格の秘密

初回お試し価格ですが、既製服の半額にもなるオーダースーツの価格の秘密にはどのようなことがあるのでしょうか。
それには、工場直販・製造数量が多い・1点物の大量生産が可能といった点が挙げられます。

工場直販

生地の企画から始まり、生地メーカーから仕入れ、すべての縫製工程を自社工場(日本国内および中国国内)で行い、小売りに至るまでをワンストップによる合理化を行うことで、コストダウンを実現しています。
注文をFAX1枚で受け、仕上がったオーダースーツをお客さまの手元まで送付することで、既製服の半額に迫る価格で提供しています。

製造数量が多い

日産で500着、年間で12万着のオーダースーツを日本市場に供給しています。
特に、中国国内での生産によりスケールメリットによる仕入れのコストダウンを図れることにより、既製服の半額にも迫る価格を実現しています。

1点物の大量生産が可能

自動設計システムや自動裁断機の導入により、工程のかなりの範囲で自動化することにより、分業化が究極まで進んだ製造方法を行うことで職人の手を煩わすことなく、お客さま一人一人に対応した1点物のオーダースーツの大量生産が可能となっており、この点でも既製服の半額にも迫る価格を実現しています。

既製服よりお得なオーダースーツ

工場直販・製造数量が多い・1点物の大量生産が可能と一貫した自動化・分業化によるスケールメリットや仕入れおよび製造のコストダウンにより、ボリュームディスカウントが実現したことによる、既製服よりお得なオーダースーツを既製服の半額にも迫る価格にて実現できた理由です。