スーツの柄やデザインによってイメージチェンジはオシャレのポイント

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツの柄の選び方無地とストライプとチェックそれぞれの印象

リクルートスーツの考え方

就職活動中の学生が着ているのは、基本的に黒い無地のリクルート用のものです。フレッシュな印象を与えますが、いつまでも垢抜けない印象があります。新入社員のうちは、良いですがある程度仕事に慣れてきた場合は、いつまでも新人というイメージを払拭するためにスーツをひとつ新調しましょう。

スーツは無地か柄入りかについて

無地のスーツはビジネスシーンでは定番です。しかし、その色によって大きく印象が変わります。紺色の場合は、さわやかな印象を与えます。
また、シャツやネクタイを合わせやすいのもメリットです。
おしゃれなスーツの定番であるグレーは、着こなし次第で軽やかで若々しい印象を与えてくれます。
年配の方もグレーを選ぶことが多いですが、細身のタイプを選びシャツのカラーを明るい色にするだけで印象が大きく変わり、若い人でもおしゃれに着こなすことができます。
また、グレーの色味も重要です。
明るいグレーは遊び心があり、濃いグレーは真面目な印象になります。
その中間の色味は、どちらにも対応できる便利なカラーです。

スーツにも柄を取り入れる

柄入りのスーツの定番はストライプです。ストライプ柄は太めのチョークストライプと細めのピンストライプがあります。
太めのチョークストライプは落ち着いた印象を与えてくれます。
細めのピンストライプはクラシカルな印象を与えてくれます。
着こなし次第ではワンランク上のおしゃれな印象になります。
また、定番のチェック柄はややカジュアルな印象になります。
ベストを合わせる事や、シャツやネクタイで変化をつけるなど、ビジネスシーンでも使える着こなしができます。
より、個性的な印象のある千鳥格子はクラシカルな印象になります。
おしゃれな着こなしのポイントは、細身のものを選ぶことでスタイリッシュな印象になります。

スーツをおしゃれに着こなして印象をアップ

ビジネスマンは基本的にスーツなので、個性がないように思われますが、デザインの選び方で他の人と差をつけることができるアイテムです。
また、商談などには信頼できる紺のものを取り入ることや、内勤の場合はやや明るくカジュアルな印象のグレーなどをうまく取り入れてシーンに合わせるとより効果的です。
また、役職者は威厳を保ちたいのか親しみやすさを演出したいのかでも色や柄を選ぶ基準になります。