スーツ数は新人では3種類社会人に慣れた頃には数種類が必要です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツ数は新人では3種類社会人に慣れた頃には数種類が必要

社会人が持つスーツ数はどれだけ揃えればいい?

就職して社会人になるとほとんどスーツ姿で仕事をすることになりますが、スーツ数やデザインをどれだけ持てばいいのでしょうか。
社会人生活が長くなるにつれて、ビジネス時もそうですがビジネス以外の時もスーツ姿になる場合が多くなります。そこで、社会人が持つスーツ数やデザインをどれだけ揃えればいいかを考えてみます。

社会人が持つスーツ数とデザインの持ち方

社会人になりたての頃に必要なスーツ

就活時に着用したリクルートスーツは、社会人では不要となりますので新調することになりますが、定番と言われる無地のライトグレー・ダークグレー・紺の三色のスーツを購入することをお勧めいたします。
そこからネクタイとワイシャツの組み合わせでコーディネートに自分の色を出していくことがベターです。
スーツはある程度体に合うのであれば、社会人1年生にとって費用負担となりますので、オーダーメードではなく既製服で十分です。

社会人に慣れてきた頃に必要なスーツ

自分のペースで仕事ができるようになると、上司にも認められるようになり、後輩の指導も任せられるような段階になり、今まで来て着たスーツもデザインが古くなったり、くたびれてきたりしてきますので、自分が満足のいくデザインのスーツを新調する時期になってきます。
生地の色は渋めの色合いであるチャコールグレーやダークブラウンなどを選び、ブリティッシュ・イタリアン・アメリカンなどのデザインを取り入れて数種類を揃えるのがいいかもしれません。
また、自身の体型にフィットしたオーダーメードのスーツを作ることもいいのではないでしょうか。

ビジネス時以外で必要なスーツ

社会人を重ねていくと、お付き合いが増えて、冠婚葬祭に着る服装も準備する必要が出てきます。
また、普段着とは異なるおしゃれなデザインの服やジャケパンのコーディネートなどで楽しむのも心のゆとりになります。

社会人が揃えればよいスーツ数のまとめ

社会人になりたての時には必要最低限のビジネス用スーツを三種類ほど準備すればよく、社会人を重ねてくるとより個性を出したり、オーダーメイドをすることをお勧めいたします。
また、ビジネスシーンのみならずビジネス以外の時に着る服装も必要になってきます。
重要なポイントはTPOや自身のビジネスキャリア、年齢に見合ったものを着用することです。