スーツは内勤か外勤によって何着持っていれば良いのかことなる

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツは何着持つのが正解か外回りか内勤かで注意点はことなる

スーツの所持数について

ビジネスマンにとって、スーツは欠かすことができないアイテムの一つ。毎日の仕事着として使用している人にとってローテーションするのに適しているスーツの数とは一体どれぐらいなのでしょうか。内勤業務と外勤業務での違いはあるのか何着所持していればスムーズかについて詳しくお話していきます。

スーツをローテーションする最適な数

スーツの所持率は何着かその人のライフスタイルによっても異なってきますが、外回りが多く人に接する時間が長い人は最低でも3着所持しているとローテーションしやすいと言われているようです。
これも各シーズン用として3着ずつ用意しておきましょう。
スーツは他の衣類と異なり、自宅で洗濯が簡単にできません。
もちろんできるタイプのものもありますが、ほとんどの方はクリーニング店にお願いすることになります。
2着をローテーションで着て1着はクリーニング店にお願いするという形にしておけば、毎日同じものを着用する必要もありませんし人に不快な思いを与えることもありません。
営業など外勤業務の方はぜひ3着用意しておきましょう。

内勤業務なら2着あれば問題なし

内勤業務を主な仕事としている人であれば、外勤業務の方と比べてもスーツの汚れなどを気にする必要がないことから、2着所持していれば問題ないと言えるでしょう。
ただし、これも人によってことなります。
内勤業務の場合でも自社で会議が開かれることが多い職場や、他の会社の人と会う機会が多いのであれば2着以上用意しておくと安心です。
事務などがメインの仕事であれば、ジャケットの代わりにカーディガンなど羽織ることもできますので、スーツを何着も所持している必要はないでしょう。
季節ごとに2着ずつあれば問題なくローテーションできますし、クリーニングに出す頻度も外勤業務に比べて少ないと言えます。

スーツの所持数には個人差がある

スーツ一つでも人によってこだわりがある人や、とりあえず何着か用意しておかなくてはいけないぐらいの感覚の人など様々です。
何着所持しているかに関しても個人差があるため、絶対的に必要な枚数というのは決まっていません。
仕事内容などを考慮して、ご自身でローテーションしやすいと思える枚数を何着か用意しておくことが大切です。
また、ビジネスマンとして礼服の準備も忘れずにしておきましょう。