アイロンがけは目立つポイントに力を入れてやってみよう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > アイロンがけまでしっかりできてこそビジネスマンそのコツを伝授

アイロンがけで押さえておくべきこと

普段は自分でアイロンがけなどしないという方でも、出張の際などやむを得ず自分でやらなければならないこともあります。うっかりクリーニングが間に合わなくて切るものがないというときもあるでしょう。そんな時のために自分でお手入れできるようにアイロンがけのコツについて押さえておきたいものです。

アイロンがけをうまくするポイント

全体をしっかりアイロンがけできればよいですがなかなかうまくいかなかったりキレイにならなかったりということも多いものです。
キレイに見えない原因は、目立つ部分がキレイになっていないことにあります。
襟元や袖口はシャツの中でも特に目立つ部分ですからその部分はきっちりと仕上げることがコツです。
ほかの部分がきちんとできていなくてもこうした部分がきちんとおさえられていてキレイに仕上がっていれば清潔感が演出できるものです。
全部に時間をかけられない時にも他の部分は急いでかけて襟や袖はしっかりとかけ時間配分をしていくのがコツで効率的にキレイに見せることができます。

便利なアイロンの使い方

アイロン台を出して使うタイプのものは、準備も大変ですし結果的に使いにくくなってしまうという方も多いでしょう。
そういった時には、ハンガーに掛けたままさっとかけられるタイプの機器を使ってみるのもおすすめです。
全体のしわを取るようなときには、ハンガーに掛けたままスチームアイロンなどでさっと上から撫でるだけでもきれいに見えることがあります。
シャツなどしっかり伸ばしてキレイに見せたいものは時間をかけて、他のアイテムはさっと手軽に書けるといった具合に使い分けてみるのがコツです。
時間がかからないので、朝急にしわになった服をどうにかしたいというときにも利用しやすいので、ぜひ持っておくとよいでしょう。

アイロンがけは目立つ部分をしっかりと

すべてをキレイに仕上げることはできなくても目立つポイントだけしっかりとアイロンがけをしておくことでキレイに整えられた印象を与えることができます。
全体に時間をかけることができないような場合でもこうした襟や袖口といった一目につきやすいポイントはしっかり時間をかけ、キレイに仕上げていくのがコツです。
ぜひこうしたコツを頭に入れて、恐れることなくアイロンがけをしてみましょう。