スーツの上下を別々に組み合わせたのがジャケパンスタイルです。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツの上下を別々に組み合わせたジャケパンスタイル

ジャケパンスタイルのスーツでおしゃれを

ジャケパンスタイルは、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使われています。
ビジネスにおいては、スーツ姿だと硬くみられるのですが、ジャケパンスタイルにすると親しみのあるスタイルとなり、仕事上でもおしゃれが楽しめることになります。

ジャケパンスタイルのチェックポイントについて

ジャケパンスタイルの基本的なルール

ジャケパンスタイルには基本となるルールがあり、ジャストサイズのものを着る、スーツのジャケットとパンツは別々のものを組み合わせる、柄のジャケットと柄のパンツの組み合わせはしない、その季節にあった素材を選ぶ、靴とベルトの色を合わせる、といったことになります。

ジャケパンスタイルのチェックポイント

ジャケパンスタイルをするためには、スーツのジャケットの選択、Vゾーンのチェンジ、プリーツパンツの採用、靴の種類のチェンジ、などのチェックポイントがあります。
ジャケパンスタイルの最大のポイントは、ジャケットにあります。
同じ色や柄であってもシングルかダブルかでその印象は大きく変わり、シングルだと比較的カジュアルな感じになり、ダブルの場合には少し格式ばった印象になります。
シングルとダブルによってVゾーンの形状が変わり、そこにラペルの幅の違いが加わり、ジャケパンスタイルを幅広くコーディネートできます。
最近のスラックスのトレンドはクラシック調のプリーツパンツが採用されています。
その形状は腰回りには余裕がありますが、足元に向かって細身がより強調されたものになっていて、ラペルの広いクラシック調のジャケットとの組み合わせがマッチしています。
TPOを意識した靴の種類のチェンジを考えて、フォーマルからカジュアルへまたスニーカーを使ったはずしテクニックもチェックポイントになります。

ジャケパンスタイルでおしゃれを楽しもう

スーツのジャケットにお揃いでないスラックスをはいたコーディネートにより、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広くジャケパンスタイルとして認知されています。
ジャケパンスタイルはあくまでもファッションですので、ジャケットとスラックスと靴の最適な組み合わせで、おしゃれを楽しみましょう。