アイテムを知ることで、より上手に着こなすオーダースーツ

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > アイテムはコレ、オーダースーツとそのリフォームについて

関連アイテム~オーダースーツ編

古くなったオーダースーツを再び着用するために、スーツのデザインやサイズを現在の自分の体型に合わせてリフォームする人も少なくありません。
リフォームは自分で行うことが難しいため、専門家に依頼するのが良いでしょう。
オーダースーツの関連アイテムは数多くありますが、今回はスーツのリフォームに関するアイテムをご紹介していきます。

ジャケットのリフォームをする

ジャケットは腰回りだけ詰めない

要望と違うデザインになることがないように、依頼する前に知っておきたいポイントがあります。
それはジャケットの腰回りだけ詰めないようにすることです。最近多いのはウエストが絞られたデザインのジャケットですが、ウエストを詰めるだけでは絞られたデザインにはなりません。
ウエストとバストの間の中胴を絞ることでキレイな曲線のジャケットになります。

腰回りのみ出す

「ジャケットのボタンを留めた際にきつくなるため、腰回りにゆとりを持たせたい」といった場合、ウエストラインをそのままキープしたい際にはジャケットのヒップも少し出します。
それはジャケットの中心のみを出すと、「くびれ」がほとんどなくなってしまうためです。

ジャケットの袖の長さが短い

ジャケットの袖丈が短い場合、リフォームにより袖だしを行うことができます。実際には糸をほどき、縫い込まれている生地を出すことになります。
基本的には1~2cmほどしか出すことができないため、袖丈がそこまで長くなるわけではありません。

さらに袖丈を長くしたい

2cmほど袖出しをしたくても、1.4cmしか出せない場合があります。そのような際にも心配は無用です。
別の箇所をリフォームすることで2cm以上出すことができる場合があります。
ではどの部分をリフォームするのかと言うと「肩」です。ジャケットの袖と肩は接合されているため、接合元の肩から生地を出すことで、袖出しが可能になります。

まとめ

オーダースーツの関連アイテムでは、「古くなったスーツをリフォームにより再び着用する」ことも可能です。袖丈が短い場合には肩との接合部の生地を出したり、肩パットが入っている場合はそれを抜いたりすることで、袖丈が長くなります。
結論として、自分の要望通りにリフォームしたい場合には、確実にリフォームしてもらうことのできる専門家に依頼することです。
オーダースーツの関連アイテムは、上記以外にも様々なものがありますので、気になる場合は詳しくチェックしてみましょう。