ビジネスマナーに則するクールビズのジャケットスタイルのマナー

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネスマナーに則するクールビズのジャケットスタイルのマナー

ビジネスマナーに則するクールビズのジャケットスタイルのマナー

オフィスカジュアルが進む昨今においても、まだジャケットやネクタイ着用を義務付けている会社も少なくありません。
暑い季節にはクールビズはOKでもジャケット着用を義務付けている会社もあります。
クールビズのジャケットスタイルを選択するうえで問題となるのは、ビジネスマナーに則しているかどうかです。
ビジネスマナーに反することなく、おしゃれに着こなすためのポイントについて詳しく解説していきます。

カジュアルになり過ぎないのがマナー

クールビズのジャケットスタイルのマナーで意識すべきはカジュアルになり過ぎないようにすることです。
ビジネスマナーに則しているかどうかが注目すべき要素となります。テーラード型を選択すれば、ビジネスシーンに適したクールビズのジャケットスタイルとなります。
さらにボタンを2~3つ程度にし、幅が広めのラペルにしましょう。
ラフなスタイルに見えないように工夫するのが大切です。

ジャケットの色を、ネイビーやブラックといった落ち着きのあるもので選択することも意識しましょう。
ジャケットに合わせるシャツのカラーは、メリハリを重視するのがポイントです。
無地のジャケットの場合は柄ものを選択し、柄もののジャケットの場合は無地のシャツを合わせていきましょう。
知らず知らずのうちにカジュアル寄りになり、マナー違反となってしまわないかをチェックしてみてください。

クールビズのジャケットスタイルに適した素材について

ジャージー、コットン、麻、シアサッカーの4つがクールビズのジャケットスタイルに適した素材となります。
伸縮性と通気性の高さ、さらにはシワになりにくいジャージーはカジュアルさを感じさせない素材です。
コットンはテーラードタイプのジャケットに使われることも多い素材で、シワをワンポイントのようにし着こなしたい場合に適しています。
プライベート用でも着用できるのも嬉しい要素です。
麻は細かなシワが涼しげな印象を相手に与え、通気性に優れて肌触りのよさもセールスポイントとなります。
シアサッカーは汗をかいても肌に張り付くことなく、通気性に優れているのが特徴です。

シャツを選ぶ際には長袖のシャツを選択しましょう。
半袖のシャツは汗がジャケットに染み込んでしまうためです。
Vネックのインナーなら第一ボタンを開けた際に襟元からインナーが見えません。
襟が立っておしゃれな着こなしをするにはボタンダウンシャツを使用するのが大切です。
第一ボタンを開ける際にきれいに襟が立つかどうかの理由に直結します。

清潔感とキチンと感を備えるのがマナー

クールビズのジャケットスタイルのマナーの基本は清潔感とキチンと感を備えることにあります。涼しげな服装であっても、ビジネスシーンに則していると判断されて初めて成立します。
シンプルな服装だからこその難しさがあるのは、間違いありません。しかし、基本に忠実にコーディネートしていけば周囲に不快感を与えることはありません。

入社して間もないビジネスマンにとって、クールビズのジャケットスタイルのセレクトは難しいものです。
会社の先輩の様子を見つつ、徐々に揃えていくのがよいでしょう。30代以降のビジネスマンは信頼感を持たれる演出も心がけていきましょう。
年齢や立場を考慮しつつ、暑い季節を乗り切るクールビズのジャケットスタイルを確立していくのが重要です。

まとめ

クールビズのジャケットスタイルのセレクトは簡単そうで難しい一面もあります。
ただ涼しい服装を選択するといった考えでは失敗してしまうことも多くなるものです。
周囲からどう見られるかを考慮し、清潔感とキチンと感を演出できるようになりましょう。
年齢や立場を考慮することも忘れてはいけません。
それぞれの会社のルールを守りながらも、おしゃれでなおかつ暑い季節を乗り切れるスタイルを確立していきましょう。