ジャケパンを着こなすにはポイントを押さえることが大切です

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ジャケパンを着こなすにはポイントを押さえることが大切です

ジャケパンを着こなすにはポイントを押さえることが大切です

ビジネスシーンに限らず、様々な場面で活躍してくれるのがジャケットではないかと思います。スーツと同じように、ジャケットもビジネスシーンやカジュアルシーンの両方で見ることがあります。そんなアイテムのひとつに「ジャケパン」があり、こちらも人気のアイテムとして君臨しているのです。ここではジャケパンについて、その特徴や着こなしのポイントについて紹介します。

ジャケパンについて

ビジネスマンは様々な洋服をまといますが、その中のひとつに「ジャケパン」があります。ジャケパンというのはその名前の通り、テーラードジャケットとパンツが組み合わせた洋服であり、「ジャケット・パンツスタイル」の略称です。

上下セットで着用することが多いスーツスタイルと比較すると、よりカジュアルな雰囲気が強いのが特徴です、ここ最近は、ビジネスマンにも浸透してきているようです。もちろんそれぞれの好みや選び方などによっても変わってきますが、カジュアルシーンであっても十分に活用できます。そのためには、ジャケパンの着こなし方をしっかりマスターしておくことが大切です。

着こなしで気をつけたいこと「色や柄」

「ジャケパンを様々なシーンで着こなしたい」、という人も多いのではないでしょうか。テーラードジャケットとパンツを組み合わせれば、どのようなスタイルでもOKなのかというと、そういう単純なものでもないのです。ビジネスシーンでも上手く着こなすためには、着こなしのポイントを押さえておくことが大切です。

そのひとつが色や柄になります。ジャケパンを様々なビジネスシーンで着こなすには、全体的に落ち着いた感じの色や柄を選ぶことが重要です。テーラードジャケットはもちろんのこと、パンツやシャツ、ネクタイといった小物類などは、あまり明るすぎる色や派手過ぎる柄のデザインはふさわしくないとされています。

その場合のおすすめのカラーはネイビーやグレー系、また、ベージュ系などになります。それぞれの色はトーンなどに関係なく高い人気を誇っており、また、着回しやすい色として好まれていることもあり、大人のジャケパンと相性がいいのです。柄でいうと、寒い冬場はグレンチェック系やブラックウォッチ系の重厚感のあるもの、春や夏場であればシアサッカー生地でよくあるストライプ柄に人気があります。

いずれの色や柄も、どのようなビジネスシーンで着ても特に不自然ではなく、悪目立ちすることもありませんので、周囲に不快感を与えることもないのです。ジャケパンをビジネスシーンで活用したい方は、色や柄をもう一度チェックしておきましょう。

着こなしで気をつけたいこと「素材」

着こなしで注意したいこととしては、素材も見逃してはいけません。ジャケパンをビジネスシーンで活用したい方は、季節に合った適切な素材の製品を選びましょう。季節に合った素材の製品を着用すれば、十分に活用することができます。

例えばウール素材は春、秋、冬に適しており、サマーウールは春、夏、トロピカルとコットンも春、夏といった具合です。また、リネンは夏、シアサッカーも夏場、ツイードは秋、冬、ギャバジンやフランネルも秋、冬場に最適ですので、それぞれの季節によって選ぶといいと思います。その他、メルトンやカシミヤ系は冬場にオススメです。

ジャケパンを着こなすには

ビジネスシーンはもちろんのこと、カジュアルシーンでも活用できるアイテムのひとつが「ジャケパン」です。テーラードジャケットとパンツが組み合わさったアイテムであり、最近、注目を集めています。ただ、ビジネスシーンで活用するには、ポイントを押さえておくことが大切です。特に難しいことはありませんので、購入する前に確認しておきましょう。