スーツの寿命には判断基準があり、お手入れが寿命を延ばす鍵です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツの寿命には判断基準があり、お手入れが寿命を延ばす鍵

スーツの寿命を延ばすには

スーツはビジネスマンにとって制服といわれるように、毎日着ていくものです。
複数着のスーツを着まわしながら使用していく場合が多いのですが、それでも、スーツの寿命は有限です。
ここでは、スーツの寿命やスーツの寿命の判断基準や寿命を延ばす方法について考えていきます。

スーツの寿命のチェックポイントとは

スーツの寿命の判断基準

一般的にスーツの寿命というと、夏物で3年、冬物で4年程度といわれています。
スーツの寿命を判断する基準としては、テカリ・シワ・ヨレの3つがあります。
テカリは、着ているうちに生地のすれや圧着により、生地の表面が平板となったために光が反射して、テカルことになります。
ブラッシングをしたり、スチームで生地を立たせたりしてある程度は回復しますが、それでも、テカルようであれば寿命となります。シワは、背中やひざの裏のシワがお手入れしても取れなくなれば寿命となります。
ヨレは、型崩れによるもので、着丈の裾にヨレが出てくると寿命となります。

スーツの寿命を縮める行為

・ハンガーにかけずに椅子やソファーなどに置いたままにする→型崩れの原因
・続けて同じスーツを着ている→テカリやシワやヨレを助長させる原因

スーツの寿命を延ばす方法

スーツの寿命を延ばすには、複数着のスーツを準備してローテーションすることです。
また、着たあとのスーツはハンガーにかけブラシングをしたり、汚れがあればとったりといったお手入れが必要です。
また、汚れたからといって、頻繁にクリーニングに出すこともスーツを痛める原因にもなります。

スーツの寿命に関するまとめ

スーツの寿命の判断基準として、テカリ・シワ・ヨレの3つがあります。
テカリは生地の表面のすれや圧着が原因で、シワは足の曲げ伸ばしや椅子に座った時の体重をかけることによる原因で、ヨレはスーツの型崩れが原因であり、お手入れしても直らない場合には寿命と判断しましょう。
スーツの寿命を延ばす方法としては、複数着のスーツのローテーションや普段からのお手入れが大切となります。