スーツが似合う人と似合わない人が持つ異なる特徴を解説します

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツが似合う人と似合わない人が持つ異なる特徴を解説します

スーツが似合う人と似合わない人が持つ異なる特徴を解説します

スーツを着ている人を見ると、とても似合う人もいれば、似合わない人もいらっしゃいます。男女ともに、ビジネスシーンであったり、冠婚葬祭など大切な場面で着用されたりする事の多い衣服です。似合う人の特徴を知れば、似合わない人もどこを改善すれば良いのか見えてきますので、紹介していきます。

似合う人の特徴は?

スーツが似合う人に共通する特徴としましては、皆さんとても「姿勢が良い」ところでしょう。似合っている人はとにかく背筋がぴんと伸びていて、適度に胸を張っています。
それは立っている時の姿勢だけではなく、座っている時にも言える事です。座っている時も背筋が伸びており、浅く座るようなだらしない姿勢はしません。スーツが似合っている人はとにかく、普段から姿勢が正しい人でしょう。
また、体にしっかりあったサイズで着ているという事もあります。ぴったりサイズが合っていると、変なシワができたり、裾や袖が余ったりする事がありませんので、上手に着こなしているようにみえます。

姿勢が良いのとサイズがぴったりである事は、意識次第で改善できる部分です。さらに、スーツが似合っている人は体型が良い事が多いです。
スーツが似合う理想的な体型としましては、背が高く足が長いタイプで、外国人に多い体型とも言えます。また、細身であったり、髪型は男性で言えばショートカットですとよく似合います。
現実的に、身長や足の長さは大人になってからですと改善のしようがありませんが、髪型と体型に関しては努力次第で改善できる部分でもあります。
似合っている人は、実は日頃から体型維持を心がけている方が多いのかもしれません。

似合わない人の特徴は?

スーツが似合わない人の特徴は一言でいうと、着こなせていない人です。スーツが似合う方々と正反対なところに、似合わない人の特徴があるかと考えるかもしれませんが、案外そういう事でもありません。
例えば身長が高い人の方が似合う傾向にはありますが、身長が低い方でも高い人より似合っている場合があります。
なぜなら背が高い人より着こなせている事があるからです。どれだけ身長が高くても、明らかにサイズが小さく裾から素肌が見えていたり、袖から手首が丸見えだったりする着こなしだと、すべてのサイズ感がジャストフィットしている背が低い方の方が、圧倒的に似合っていると言えます。

確かに似合う人に共通する特徴を持っている人の方が、スーツを着た時にきまりやすいです。
しかし身長や骨格、足の長さなど持って生まれた要素のみが似合う似合わないを決めると考えるべきではありません。
むしろ、そういった体型などよりも、どれだけ自分にあった一着を見つけられるかという部分が大切です。髪型をショートカットで爽やかにして、ジャストフィットするサイズでスーツを新調し、清潔感を保つように日頃から手入れを欠かさない、そして普段から背筋を伸ばして胸を張るように意識する。
そうすれば、自分でもスーツが似合わないと思っていても、周囲からはスーツをとても着こなせている人と見られる事があるでしょう。
顔や体型など、その人が持つ素材だけで似合う似合わないが決まると考えず、改善できる部分を明確にしましょう。

まとめ

スーツが似合う人、似合わない人にはそれぞれ特徴があります。やはりその人の身長や足の長さのように、持って生まれた部分で似合うようになる事もありますが、髪型を整えたり、姿勢を良くしたりするほか、ジャストフィットするスーツを用意するという事でも、すぐさま似合う側の人に近づけます。
身長が低いから、足が短いから、というように諦めず、その他の部分に力を入れれば、人から評価されるくらいの着こなしは十分に可能です。