知らないと大恥!結婚式での男性ゲストのスーツマナー

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 知らないと大恥!結婚式での男性ゲストのスーツマナー

知らないと大恥!結婚式での男性ゲストのスーツマナー

結婚式にゲストとして招かれた場合のスーツマナーについてご存知でしょうか。通常のスーツマナーとは異なるからこそ、不安に思っている方も少なくないはずです。いくつかのNGコーディネートを知っておけば、新郎新婦に恥をかかせることもなくなります。当日になって慌てることがないように、問題ないかを早めに確認しておきましょう。

縁起の悪い服装はNG

結婚式はお祝いの場です。男性ゲストとして招かれた場合はまず縁起の悪い服装を避けるのがスーツマナーとなります。葬式を連想させる黒一色は避けるのが基本です。フォーマルすぎる服装もマナー違反となるため、注意しましょう。堅すぎない服装にするために、仕事用のスーツを着用する場合は胸元のポケットにチーフを入れると良いでしょう。

しかし、男性ゲストが新郎よりも目立ってしまうのはスーツマナー違反です。柄物のスーツは避けるようにしましょう。奇抜な服装によって新郎よりも目立ってしまうのは好ましくありません。そして、結婚式では男性ゲストが新郎と被ったスーツを着用するのはNGです。あくまでも主役は新郎であることを意識しましょう。

ケースによって変わるスーツマナー

結婚式での男性ゲストのスーツマナーはケースバイケースです。新郎新婦との間柄や、結婚式場の雰囲気などを考慮して選択をしないといけません。主賓やスピーチをする場合はタキシードを選択しましょう。上司の場合は正統派の礼服でコーディネートするのが望ましいです。親しい友人や知人の場合は堅苦しくないダークスーツを選択しましょう。そして、多くの方が油断しがちであるのが足元です。靴下は黒で合わせるようにし、白や色・柄物は選択しないようにしましょう。海外挙式の場合は、国内挙式と基本的に同じ服装です。しかし、ドレスコードが求められる場合があるため、現地の気候に合わせた服装を選択しましょう。

一口に「結婚式にゲストとして招かれた」といっても、スーツマナーは画一的に考えるべきではありません。それぞれの立場に適した選択をするのがスーツマナーです。立ち位置が判断しにくい場合は事前に相談をしておいた方がよいでしょう。

オシャレ小物で周囲との差別化を図る

結婚式に男性ゲストとして招かれた場合は、まず新郎新婦が引き立たせるのがスーツマナーです。一定の決まりがある分、どうしても周囲と同じスタイルになることが多くなります。マナー違反にならない程度に、オシャレ小物で周囲との差別化を図るという方法もあります。ネクタイピンを付ける場合は、スーツやネクタイに合うものを選択しましょう。ポケットチーフの色は白かシルバーグレーが基本であり、ネクタイと同色系を選択すると使いこなしやすいです。仕事用のスーツであっても、ポケットチーフを加えると一気に結婚式仕様になります。大人のオシャレをするために、カフスボタンを付けるのも問題ありません。

結婚式に男性ゲストとして招かれた場合、スーツマナーを守ったうえでオシャレを楽しむのは新郎新婦としても喜ばしいことです。事前にコーディネートに問題ないことを確認し、不安要素がある場合は見直した方がよいでしょう。

まとめ

結婚式でのゲストのスーツマナーを熟知するためには、いくつかのNGコーディネートを事前に把握しておくとよいでしょう。新郎新婦を引き立たせるコーディネートを意識し、さらに晴れやかな場でありながらフォーマル過ぎないように気を使いましょう。新郎新婦との関係性を考えたコーディネートをすることも大切です。知らず知らずのうちに恥をかいてしまっている場合も少なくありません。同じスーツとはいえ、ビジネスシーンとはまた異なる対応が求められることを覚えておきましょう。