着用時マナーを知ることで、より引き立って見えるオーダースーツ

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 着用時マナーが大事、オーダースーツの上手な着こなし方とは

オーダースーツは着こなし方次第で印象が変わる

素敵なオーダースーツを着用していても、マナーができていないとスーツの良さも半減してしまいます。
ジャケットの袖丈一つで印象が変わることは、ご存知ですか。
高級なオーダースーツでなくても、着こなしができていればワンランク上のスーツになります。着用時マナーを知り、オーダースーツを着こなしましょう。

オーダースーツの着用時マナーを知ろう~袖丈編

袖丈はどの程度

着用時マナーが大事なオーダースーツのジャケットの袖丈はどの程度がベストなのでしょうか。
一般的にはジャケットの袖口からYシャツが1~2cm出るくらいが良いと言われていますが、Yシャツの袖丈やカフスの大きさなどにより理想的なジャケットの袖丈は異なります。
腕の長さに合わせるのはもちろんですが、Yシャツの長さとの兼ね合いも大事です。

袖丈が長いとNG

流行などによってもジャケットの袖丈は異なります。
一般的なスーツと袖丈の長めのスーツとでは、着用時の見え方や印象が違います。袖丈が長いスーツの場合、袖口を絞ることで手を長くスリムに見せる効果がありますが、袖口が長いと「袖の長すぎるスーツを着用している」と思われることも多いため、スーツの場合はあまりお勧めできません。
一方、袖丈が短い場合には爽やかな印象を与えるため、スーツでは短めの袖丈を好む人が多いようです。

用途などにより異なる袖丈

オーダースーツの袖丈は用途やシーンによって変え、座り仕事が多い場合と立ち仕事が多い場合でも袖丈を変えると良いでしょう。
座り仕事でも特に話をする機会の多い人は、袖丈が多少長くても問題ありません。
それは机などに手を置いた際に袖が肩周りに引っ張られ、Yシャツが見えやすくなるためです。
座り仕事でもデスクワークが多い場合には、デスクやパソコンなどでスーツに傷をつけないためにも袖丈は短めが適しています。

まとめ

せっかくオーダースーツをあつらえるのなら、着用時マナーには気をつけたいものです。
90年頃の流行であるソフトスーツなどは、袖丈をあえて長くするのがオシャレだったようです。
一般的にはジャケットの袖口からYシャツが1~2cm出る程度がキレイに見えると言われています。
ただし「自分がオーダースーツを着用して、最も多くの時間を過ごす行動」に合った袖丈にするのがベストだというのが結論だと言えます。
着用時マナーを知ることで、オーダースーツを引き立たせた着こなしができることでしょう。