着こなしマナーは社会人としてのマナー。正しいスーツの着こなし方を身に着けよう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 着こなしマナーのポイントを押さえて正しいスーツの着方を学ぼう

スーツの着こなしやマナーを知っておく

オーダースーツを着こなしてオシャレに出勤。ちょっとまってください。せっかくのオーダースーツでも、スーツの着こなしやマナーは大丈夫ですか?正しい着こなし方や間違ったマナーで着こなしてしまうと、オーダースーツも台無しになってしまいます。そこで、マナーや正しい着こなし方について確認していきましょう。

それぞれの着こなしマナー

ボタンの留め方は大丈夫?

二つボタン、三つボタンに関わらず、下のボタンは止めずに外した状態で切るのが一般的です。また、座る時にはボタンはすべて外してから座りましょう。

ポケットのふたは入れる?出す?

普段来ているスーツで、あまり気にしていない方が多いと思いますが、ポケットのフラップにもマナーがあります。基本的に外では出して、屋内に入ったときには中に入れるのが一般的です。また、ポケットには極力物は入れないようにしましょう。ポケットに物を多く入れてしまうと、型崩れが起こり、シルエットがダサくなる原因となります。

ベルトとネクタイのマナー

一般的にはベルトはその時に履く革靴の色でそろえてあげると良いでしょう。あまり統一感のないベルトはあまり良い印象を与えません。また、ネクタイはベルトに大剣部分が少しかかるくらいの長さで合わせてあげましょう。結び目にはくぼみ(ディンプル)を作ってあげるとよりスタイリッシュな印象づけができます。ただし、葬儀の時はディンプルは作らないのが一般的ですので、注意しましょう。

シャツの着こなし方のマナー

シャツはサイズ感が命です。シャツの首回りはボタンを閉じた状態で指が1・2本入るくらいがちょうどよいサイズと言われております。また、着丈はボタンを留めた状態で、パンツに半分かかる程度を目安としてください。もちろん、色や柄は、ビジネスシーンでは、清潔感のある色に統一し、あまり派手な柄真ものなどは避けましょう。

マナーを守ることによって最大限魅力が引き出される

このように、スーツの着こなしと言っても、細かい着こなし方やマナーが決まっているため、正しい知識を身につけて、身だしなみを整えるのが社会人としてのマナーです。マナーを知っているだけでも、この人は常識のある方と良い印象を与えることができますし、このマナーを守ることによってオーダースーツは最大限の魅力を引き出してくれます。せっかくのオーダースーツですので、きちっとした着こなしで臨みたいですね。